全宅住宅ローン01このページはWEB広告を利用しています


全宅住宅ローンの新型コロナウイルス対応情報全宅住宅ローン住宅ローンの新型コロナウイルス対応状況については、下記リンクをご参照ください。住宅ローンの返済に関する条件の相談などを行うことができます。

収入減少や勤務先の破綻に伴う返済金の減額、返済期間の延長、金利の一時的な引き下げなど、状況に応じて対応してくれます。
>>全宅住宅ローンの新型コロナウイルス対応情報はこちら

このページでは、全宅住宅ローンの住宅ローンの金利、審査、保証料、そして口コミ評判、メリット・デメリットについてまとめてあります。

全宅住宅ローンは、東京都千代田区に本店を置く、公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)を母体とした住宅ローン会社で、住宅金融支援機構と提携し、【フラット35】を専門に扱っています。

東京都(本社)、北海道(北海道支店)、茨城県(つくば関東支店)、石川県(北陸支店)、大阪府(関西支店)、広島県(中国支店)、福岡県(九州支店)の7支店あります。

全宅住宅ローンの住宅ローンを検討中の方は参考にして下さい。

 

おすすめ住宅ローン■金利が安く保証も充実のおすすめ住宅ローン■

年間35万人が利用する当サイトで人気の住宅ローンは、住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

人気の理由は、変動金利が安く、さらに無料の保障が充実していること。

全疾病保障・50%がん保証が無料で付帯しています。

支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借換にも対応)。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら

 

全宅住宅ローンと他行の住宅ローン金利比較

まずは全宅住宅ローンと他行の住宅ローン金利を比較してみたいと思います。

全宅住宅ローンの住宅ローン最新金利一覧 

全宅住宅ローンの住宅ローン金利をネット申込型住宅ローンと一覧で比較しています。参考にしてみてください。
銀行名 変動 固定3年 固定10年 固定35年
全宅住宅ローン 年1.600%
フラット35S
[全宅住宅ローン「フラット35」Aタイプ]
住信SBIネット銀行 年0.298%
所定の条件を満たした場合
年0.893%
所定の条件を満たした場合
年1.333%
所定の条件を満たした場合
年1.590%
フラット35S
所定の条件を満たした場合
[フラット35(機構買取型)]
(確認時現在の最安の優遇金利を掲載しています。※正確な金利は公式HPをご確認ください。)

全宅住宅ローンの金利は住信SBIネット銀行の金利に比べ、の差があります。

なお、変動金利・3年固定・10年固定では、住信SBIネット銀行の金利が安く、当サイトで一番人となっています。下記の公式ページを参考にしてみてください。

>住信SBIネット銀行の公式ページ(実質金利が安い/変動・10年固定金利が最安水準)

全宅住宅ローンの住宅ローンの種類

全宅住宅ローン02

全宅住宅ローンでは、利用者のライフスタイル、ライフステージに見合った様々な住宅ローンや保障(保険)を提供しています。

 

  • 基本となる住宅ローン
  • 万が一に備えた保障
  • 様々なニーズに対応した住宅ローン

基本となる住宅ローン

全宅住宅ローンのメインの住宅ローンは、住宅金融支援機構のフラット35をベースとした「全宅住宅ローン【フラット35】」です。

「フラット35」は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する全期間固定金利(最長50年)です。通常の固定金利よりも長期的に安定した返済計画を立てやすいのが特長ですが、購入する住宅の技術基準を満たす必要があり、投資用の住宅購入には利用できないといった規定があります。

主な金利の種類は下記の通りです。

 

  • 固定金利型
  • ⇒固定20年、固定35年、固定50年の3種類で、固定金利指定期間中は、金利及び返済額が一定

万が一に備えた保障

万が一に備えた保障は、以下の3種類です。

 

  • 団体信用生命保険(団信)
  • 住宅ローン返済中に、万が一のこと(死亡・所定の高度障害状態)があった場合、保険により住宅ローン残高が全額返済されます。

  • 新3大疾病特約付団体信用生命保険
  • 通常の団信の保障内容に加え、3大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞)により所定の支払事由に該当された場合、保険により住宅ローン残高が全額返済されます。

  • 夫婦連生団体信用生命保険(デュエット)
  • 夫婦で一緒に住宅ローンを利用(主債務者と従債務者)する際、夫婦どちらかが死亡または所定の高度障害状態になった場合、住宅ローン残高が全額返済されます。

様々なニーズに対応した住宅ローン

全宅住宅ローンでは、様々なニーズに対応した住宅ローンがあります。

 

  • 全宅住宅ローン【フラット50】
  •  ⇒最長50年まで利用可能な住宅ローン(最大8,000万円、最長50年)

  • 【フラット35】 リノベ
  •  ⇒リフォームに利用可能なローン(最大8,000万円、最長35年)

 

 

これら住宅ローンの詳細については、全宅住宅ローン公式サイトの「新規お借入れの方」にて確認できます。

全宅住宅ローンの住宅ローンの金利

全宅住宅ローン03

全宅住宅ローンの住宅ローンの金利の種類は、「フラット35」と「フラット50」で、20年以下と21年以上35年以下、36年以上50年以下です。

 

「変動金利」は、金利が景気によって変動するため、場合によっては固定金利よりもはるかに低い金利となることがあることが魅力です。金利上昇の影響を受けても返済出来る見通しがあり、返済期間が短いもしくは借入額が少ない方に向いています。

一方、「固定金利」や「フラット35」は、金利が固定されることにより、返済計画が立てやすく、金利上昇のリスクを負わないので、決まった返済計画を立てたい方に向いています。

変動金利と固定金利には、一長一短があります。それぞれの特徴及びメリット・デメリットについて簡単にまとめましたので、参考にして下さい。

固定金利 変動金利
特徴
  • 借入時から返済終了まで金利が一定
  • 利息を含めた総返済額は、契約時に確定
  • 変動金利と比較し、金利は高めのケースが多い
  • 金利は、半年ごとに見直し
  • 金利の変動に伴い、返済額も変更
  • 固定特約付変動金利に変更可能
メリット
  • 返済終了まで返済額が固定されているため、返済プランが立てやすい
  • 市場の金利上昇の影響を受けない
  • 固定金利と比較し、低金利のケースが多い
  • 低金利となった場合、返済額が減少
デメリット
  • 変動金利と比較し、金利が高いケースが多いため、総返済額が高くなる傾向
  • 低金利の局面でも契約時の金利にて返済
  • 金利変動により総返済額が不明確であり、返済プランが立てにくい
  • 金利が上昇すると、総返済額が増加

 

なお、当サイトで人気の高いフラット35は、住信SBIネット銀行のフラット35です。
金利が安く、全疾病に対応した無料保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。保証料、一部繰り上げ返済手数料も無料とお得です。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら

住宅ローンの金利

フラット35の場合、融資率(借入割合)が9割以下で利用するケースが一般的ですが、頭金などの自己資金を準備することが難しい場合には、9割超で利用することも可能です。ただし金利が高くなってしまうので注意が必要です。

全宅住宅ローンのフラット35の金利は下記表のとおりです。

 

【優良住宅ローンのフラット35金利一覧】(2024/07/08更新)
住宅ローン商品名 区分 固定金利型(%)
15年 20年 25年 30年 35年
フラット20定率新規9割以下 標準 1.450 1.450 - - -
フラット20定率借換‐ 標準 1.450 1.450 - - -
フラット20定率新規9割以下 標準 1.450 1.450 - - -
フラット20定率新規9割以下 標準 1.450 1.450 - - -
フラット20定率新規9割超 標準 1.560 1.560 - - -
フラット20定率新規9割超 標準 1.560 1.560 - - -
フラット20定率新規9割超 標準 1.560 1.560 - - -
フラット35定率新規9割以下 標準 - - 1.840 1.840 1.840
フラット35定率借換‐ 標準 - - 1.840 1.840 1.840
フラット35定率新規9割以下 標準 - - 1.840 1.840 1.840
フラット35定率新規9割以下 標準 - - 1.840 1.840 1.840
フラット35定率新規9割超 標準 - - 1.950 1.950 1.950
フラット35定率新規9割超 標準 - - 1.950 1.950 1.950
フラット35定率新規9割超 標準 - - 1.950 1.950 1.950
(金利情報引用元:一般財団法人 住宅金融普及協会)

 

金利は毎月見直され、最新金利については公式サイトの「フラット35」、住宅金融支援機構の「フラット35」にて確認できます。

住宅ローンシミュレーション

住宅ローンを利用する際、自身の年収から、いくらくらいの住宅ローンが組めるのか、毎月の返済額はどのくらいになるのかが気になるポイントだと思います。

店頭で返済シミュレーションをしてもらうことも可能ですが、多くの金融機関では、住宅ローンの返済シミュレーションを提供しています。

 

全宅住宅ローンでは、住宅金融支援機構公式サイトの「ローンシミュレーション」にて試算することができます。

 

また、東京都にて住宅ローンを扱っている金融機関の「金利比較ランキング」について、別記事にて詳細をまとめていますので、金融機関を選択する参考にして下さい。

全宅住宅ローンの住宅ローンのメリットとデメリット

全宅住宅ローン04

全宅住宅ローンの住宅ローンのメリット、デメリットについてまとめました。

2つのメリット

全宅住宅ローンの住宅ローンのメリットとしては以下の2つが挙げられます。

  1. フラット50の取り扱いがある
  2. 疾病保障の種類が豊富

メリット1:フラット50の取り扱いがある

全宅住宅ローンはフラット35よりも借入期間が長いフラット50を取り扱っています。

フラット50は、長期優良住宅を対象とした最長50年の全期間固定金利の住宅ローンです。

長期優良住宅は耐久性や省エネ性能に優れているだけでなく、設備等の交換がしやすいという点もあるので、メンテナンス次第では親子三代まで住み続けること可能です。

 

詳しくは、公式サイトの「フラット50」にて確認できます。

メリット2:疾病保障の種類が豊富

住宅ローンの利用する際、万が一の備えとして疾病保障に加入するケースは少なくなりません。

全宅住宅ローンでは、一般団信以外にも2つの保険がラインナップされていますので、ライフプランに合わせて加入できます。

 

  • 3大疾病特約付団体信用生命保険
  • 夫婦連生団体信用生命保険

 

詳しくは、公式サイトの「新機構団体信用生命保険制度」にて確認できます。

3つのデメリット

全宅住宅ローンの住宅ローンのデメリットとしては以下の3つが挙げられます。

  1. フラット35の手数料が高い
  2. 相談方法が少ない
  3. 疾病保障が無料ではない

デメリット1:フラット35の手数料が高い

フラット35を利用する場合、事務手数料が必要です。

事務手数料は、「定額型」と「定率型」の2種類があり、金融機関が独自で設定します。

多くの金融機関の定額型手数料は55,000円ですが、全宅住宅ローンの手数料は、高く設定されています。

種類 事務手数料(税込)
一般的な金融機関
全宅住宅ローン
定額型
55,000円
110,000円
定率型
(融資額×利率)
2.20%
2.20%

詳しくは、公式サイトの「フラット35」にて確認できます。

デメリット2:相談方法が少ない

住宅ローン利用の際、色々と分からないことばかりで、相談したいことがあるかと思います。

多くの金融機関では通常の窓口だけではなく、相談にのってくれるローン専門の窓口を設けており、平日だけでなく、土日、さらには祝日も対応してくれるケースも少なくありません。

しかし、全宅住宅ローンは、店舗(平日)と電話(平日)のみの対応となります。

 

■店舗

  • 本社(東京都千代田区)
  • 北海道支店(北海道札幌市)
  • つくば関東支店(茨城県つくば市)
  • 北陸支店(石川県金沢市)
  • 関西支店(大阪府大阪市)
  • 中国支店(広島県広島市)
  • 九州支店(福岡県福岡市)

 

詳しくは、公式サイトの「店舗情報」にて確認できます。

デメリット3:疾病保障が無料ではない

全宅住宅ローンでは、万が一への備えとして、以下の疾病保障があります。

ネット銀行では、疾病保障を無料としている銀行も多いですが、全宅住宅ローンの場合、無料ではありません。

保障 住宅ローン残高が0円になる条件 保険料
(適用金利に上乗)
団体信用生命保険
死亡もしくは所定の高度障害状態に該当した場合
無料
新3大疾病特約付団体信用生命保険
通常の団信の保障内容に加え、3大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞)により所定の支払事由に該当された場合
年0.24%
夫婦連生団体信用生命保険
夫婦どちらかが死亡または所定の高度障害状態になった場合
年0.18%

詳しくは、公式サイトの「新機構団体信用生命保険制度」にて確認できます。

 

 

また、東京都にて住宅ローンを扱っている金融機関の「金利比較ランキング」について、別記事にて詳細をまとめていますので、金融機関を選択する参考にして下さい。

全宅住宅ローンの審査はどうなの?

全宅住宅ローン05

住宅ローンの審査は、一般的に事前(仮)審査本審査の2段階となっています。

事前審査では、以下の内容について金融機関が重点的にチェックします。

  • 本人の収入状況に関するもの
  •  ⇒年齢、年収、雇用形態、勤続年数など

  • 借入金額に関するもの
  •  ⇒借入金額(融資可能額)、返済負担率など

  • 信用情報に関するもの
  •  ⇒他の債務状況や返済履歴など

 

本審査では、金融機関だけでなく、保証会社による審査も行われ、「健康状態」や「担保評価」なども細かくチェックされ、融資可能かどうかの判断が行われることになります。

事前(仮)審査及び本審査及びは、住宅ローン専門窓口だけでなく、インターネット上でも申請可能な金融機関が増えていますが、全宅住宅ローンの場合、仮審査申込はインターネットで行うことが可能です。

 

相談や審査申し込みについては、公式サイトの「Web事前審査お申込み」「店舗情報」にて確認して下さい。

全宅住宅ローンの住宅ローンを利用できる条件

全宅住宅ローンの住宅ローンを利用できる主な条件は以下の通りです。

項目 種類
フラット35
フラット50
借入期間
35年以内
50年以内
借入金額
8,000万円以内
年齢(※)
満70歳未満で、完済時満80歳未満
満44歳未満で、完済時満80歳未満
職業(雇用形態)
継続して安定した収入がある方
年収
特になし
勤続年数
特になし
健康状態
団体信用生命保険に加入が認められること
返済比率
年収400万円未満
30%以下
年収400万円以上
35%以下
その他
全宅住宅ローン所定の融資条件を満たすこと

※疾病団信の種類によって加入年齢や完済時年齢が異なります。

 

ネット銀行の場合、「年収400万円以上かつ勤続2年以上」といった条件がありますが、全宅住宅ローンの住宅ローンは「年収特になし」、「勤続年数特になし」です。

職種については特にきまりはありませんが、「継続して安定した収入がある方」となっていますので、アルバイトやパートなどの場合、年収などの条件を満たしていても、事前(仮)審査が通らない可能性が高いので注意が必要です。

審査に落ちた理由と対策について

住宅ローンの審査を申し込み、残念ながら審査に落ちてしまうこともあります。

なぜ落ちてしまったのか、金融機関が教えてくれることはありません。住宅ローンの審査は総合的に評価されるため、『一つの理由だけではなく、複数の理由で審査から落ちてしまった』と考える必要があります。

審査にて落ちる可能性のある理由

審査で落ちてしまう理由は、金融機関によっても異なりますし、どの項目でNGとなってしまったのかは定かではありません。

ただし、審査に落ちる理由として、他の金融機関と同様に、下記のような一般的な項目が全宅住宅ローンでも当てはまっている可能性が高いです。

  • 勤続年数が少ない
  • 収入が安定していない
  • 健康状態が良くない
  • 住宅ローン以外の借入が多数ある、もしくは返済事故を起こしたことがある

審査に落ちたときの対策はどうする?

住宅ローンの審査は、決められた審査基準を元に行われます。そのため、申込者が何も改善せず、再度申し込んだとしても審査に通ることはまずありません。

上記の項目にて心当たりがあるものがあれば、その項目を改善してから再度申し込む必要があります。

  • 勤続年数が少ないことが原因と考えられる場合
  • ⇒勤続年数に条件がないといっても、入社して間もないといったケースや、収入が不安定である場合には落ちてしまう可能性が大きいです。勤続年数を増やしたり、収入を安定させたりすることが挙げられます。

  • 返済能力が低いことが原因と考えられる場合
  • ⇒共働きにも関わらず、夫の収入のみで申し込んだ場合は、妻側の収入も加え、夫婦合算収入として世帯収入をアップさせることが挙げられます。

  • 健康状態が良くないことが原因と考えられる場合
  • ⇒健康状態が良くない状態で審査を申し込んでも、完済できる見込みがないと判断されてしまう可能性が高いので、やはり症状を改善することが最善策となります。

  • 住宅ローン以外の借入がある、返済事故経歴があることが原因と考えられる場合
  • ⇒住宅ローン以外の借入がある場合は、まずそちらの借入を完済させる必要があります。
    ⇒返済事故経歴がある場合には、信用を回復させる必要があります。事故内容もよりますが、5~10年程度は事故歴アリとしてブラックリストに載ってしまっていますので、その期間は審査に通りません。
    ブラックリストに載っているかどうかは、個人信用情報機関に問い合わせることで確認することが出来ます。

 

しかし、何も改善できない場合には、全宅住宅ローンは諦め、別の条件もしくは、審査基準が緩い金融機関にて住宅ローン審査を申し込むことも一つの対策となります。

全宅住宅ローンの住宅ローンの評判

全宅住宅ローン06

全宅住宅ローンの住宅ローンを利用された方がどのような点に着目して選んだのか、またどのような感想を持っているのかについて、まとめましたので参考にして下さい。

全宅住宅ローンを選んだ理由

  • 担当者の説明が分かりやすく、信頼できた
  • 事前審査、本審査ともにスピーディー
  • ハウスメーカの紹介で信頼できた

全宅住宅ローンを利用しての感想など

  • 繰上返済が容易にでき、しかも手数料無料
  • 支社が当県に無いので、日程調整が少し面倒

まとめ

全宅住宅ローンの住宅ローンのメリットやデメリット、評判、そして審査はどうなのかについてについて紹介しました。

全宅住宅ローンはフラット35をはじめ、フラット50の取り扱いがあります。

全宅住宅ローンでの住宅ローンのメリットやデメリットなどをしっかりと確認して、全宅住宅ローンの住宅ローンを検討してみるのも良いでしょう。

 

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合におすすめとなっています。

審査の結果金利が高くなることもあるので、仮審査は早めに行っておくと安心です。

銀行によって審査条件が違うので、審査を通った中から一番条件の良かった銀行を選ぶのがおすすめとなります。

ネットでお得な変動・10年・長期固定住宅ローン 

低金利と充実保障でお得な住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行銀行の住宅ローンです。

住信SBIネット銀行(対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利・10年固定金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります。

もちろん、保証料、一部繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(での利用に対応しています。)

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


実質金利でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行の住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 



メガバンクの三菱UFJ銀行の住宅ローンです。

三菱UFJ銀行の住宅ローンは、変動・10年・長期固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料無料・WEB手続きで一部繰上返済手数料無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら

保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。
全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換


10秒!おすすめ住宅ローンをシミュレーション比較!

万円
金利毎月の返済額諸費用まで簡単に比較できます!

住宅ローンのおすすめ記事一覧 

【住宅ローン 都道府県別金融機関】

【住宅ローンの基礎知識】

【住宅ローンの疑問など】