【購入体験談】こだわり条件を貫き、理想通りの土地に新築
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、土地と住宅を購入された方の体験談です。土地購入には、地盤や周辺の環境、公共交通機関など様々な条件が自分に合ってるかどうかが必要になります。後で後悔しないためにも時間をかけて探すことが大事ですね。

校区、立地、湿気…こだわり多めの土地探しは難航

大阪府在住の男性の会社員です。
35歳の頃に住宅展示場を見に行ったことがきっかけでマイホームを建てることにし、物件探しを始めました。

まずは住宅展示場にいくつか顔を出し、ここで家を建てたいと思うハウスメーカーを2社に絞り、それぞれのハウスメーカーさんと一緒に物件選びを始めました。(不動産業者はそこのハウスメーカーさんの取引のある業者さんでした)土地勘がなかったため、物件探しは結構慎重になりました。

こだわった条件は、子供がいるので学校がある程度近い場所にあり、校区が悪すぎない(完全に良い校区はなかなかないので)。新興住宅地でなく、もともとある住宅地の中にポッと1件空いた物件を希望。そして井戸はないか、湿気を強く感じる土地ではないか、という点を主に重視し、毎週末車で数件の物件を見に行きました。

マイホームとなると費用は土地代だけでなくもちろん建物代もかかります。ですので、広い土地であれば嬉しいけどその分土地代は高くなり、さらに建物代も大きくなるので、全体の費用はかなり高くなるという事も踏まえ、様々な大きさの土地を見せてもらいました。

もちろん場所によって土地単価が全然違います。便利さを求めると、小さい土地なのに土地代は割高でしかも3F建てしか選択肢がないという結果になったりしました。別の場所では土地は比較的広いし(80~100坪)土地代も私達にも手の出せる金額だったのですが、場所が不便すぎて通勤や通学に影響が出るなど、なかなか好条件が見つからずに何週間も過ぎました。

ついに1社は音信不通に…やっと見つけた土地も妻がNG

結局なかなか決めない私達に疲れたのか、1社は音信不通になりました。この時点で私達はこれまでもこれからも一生懸命付き合って物件探しをしてくれる1社で決定し、さらに10件以上の物件を見に行きました。

ある日、土地の大きさ、値段、こだわる条件のほとんどを満たした物件を見つけたので、その土地で家を建てたと仮定して設計をしてもらいました。ほぼ購入する方向に動いていましたが、妻だけがなかなかいい顔をしませんでした。

理由はこだわり条件の1つの、湿気を感じる土地ではないかという点でした。そこの物件の裏が1F分の段差があって日陰になっており、そこのコンクリートの壁が湿気ているのがとても気になると。

確かにそう言われたら気になるので不動産の担当者に聞きましたが、その方はもちろん「あまり気にならないと思います」と答えました。物件を決めるまであまりにも長い間付き合っていたので、もういい加減決めてほしかったのでしょう。その返答が裏目に出て、妻は「やっぱりやめる」の1言。また振出しです。ただ、場所はそこの物件のエリアにある程度絞り、物件探しを再開しました。

ついに理想の土地を見つけた!やはり南西のリビングは過ごしやすい

それから数週間、場所を絞ったのもあり、以前ほど多くの物件は紹介してもらえませんでしたし、紹介されてもなかなか条件が一致するものがありませんでしたが、ある日嬉しい一報がありました。

「まだ情報が入ったばかりで、資料もできていない状況なのですが、ぴったりの物件がみつかりました!」と言われ急ぎ見に行きました。そこは前の古家が建っていましたが、一目見て直感で気に入りました。すべての条件も満たしていたので、あとは少しだけ金額の交渉をして、相手の承諾がでたら購入決定です。1週間も待たず相手からの承諾があり無事購入となりました。

その物件は道路に面している側が北東側で裏も畑だったので理想の物件でした。家を建てた今でも日の当たりがちょうど良く、人通りの多い道路側が北東でその反対が南西なので、人目を気にせず過ごしやすい場所にリビングを作ることが出来、とても満足しています。

物件探しは精神的にも肉体的にも体力が要りますが、後で後悔しない為にもやはり時間をかけてでもこだわって探しましょう。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換