【購入体験談】バブル時代の思い出 自宅用にワンルームマンションを買ったのに、、、
こんにちは、管理人のサトウです。今回は、東京都の住民票をとるためにワンルームマンションを購入した方の購入体験談です。結果的に、ワンルームマンション投資という不動産投資に移行した様ですが、不動産投資をする時のヒントになりそうなお話しです。

不登校の息子のために都内にワンルームマンションを購入

私は現在、65歳の男性です。不動産を購入したのは1996年。今からちょうど20年も前の話です。

自宅を購入したは、長男が都内の高校に入学を希望しており、その高校へ入学するためには、住民票を移動して都民になる必要があったからです。

長男は中学生の当時、不登校ぎみだったのですが、卒業後は都内の自由な校風の高校を希望しました。住民票さえ移せればよかったので、購入した物件はワンルームマンションでした。不動産入手の目的が住民票でしたから、ワンルームのマンションを購入して、晴れて都民になりました

バブルのおかげで自宅が3倍に

当時はすでにバブルがはじけた後でしたが、そのバブルによって、自分の住まいの価値が3倍程度になっていました。銀行が何度も訪ねてきて、資金を貸してくれました。

バブル崩壊の後も、銀行は資金を融資してくれましたので、銀行の借入金を頭金にして、都内のワンルームマンションを購入することができました。

その物件を選んだ理由は、高校へ近くて金額が適当であったからです。不動産については、何件も歩いて探しました。

せっかくワンルームマンションを買ったのに住む必要が無くなった、、、

購入後、長男が高校へ合格し、私と長男の住民票を移して都民になることができました。しかし、何か月か経過して、学校側が「当校の学生は都民の必要はない」との見解を出したため、私たちは住民票を本来の自宅へと戻して、ワンルームマンションは人に貸すことにしました。

そのときめぐりあったのが、現在もお世話になっている不動産屋さんです。実はこの不動産会社は、仕事の関係で知り合いだったのですが、実によくしていただいて、その後20年間、まったく問題なく、今も業務をお願いしています。

ベストなマンションではなかったけれど、良い不動産業者のおかげで安心してマンション経営ができました

今思えば、このマンションはベストの選択ではありませんでした。戸数があまり多くなかったためです。

マンションは戸数が多い方が評価価格が高くなることがあるそうです。マンションオーナーの毎月の費用は、管理会社の管理費と、修繕積立金ですが、戸数が多い方が、その修繕積立金が大きくなり、資産が大きくなって、評価が高いと聞いたことがあるのです。

その点で購入したマンションはベストではありませんでした。

不動産投資のメリットとデメリット

不動産を持つメリットは、毎月の家賃収入です。銀行金利ではこのような金額は入りません。投資信託もある程度の配当はあるようですが、元本が減るおそれがあり、不動産収入の安定性が光ります。

しかし不動産収入のデメリットの一つは、借りる人がいない時期もあることです。不動産価格が下がって家賃が下がることもあります。家賃を周囲の相場に合わせないと、契約に至らないこともあり得ます。また場合によっては、家賃の滞納などもあります。

ここで肝心なことは、優秀な不動産屋さんです。相場と家賃の見極め、借り手とのコミュニケーションなど、良心的で親切な不動産会社と知り合ったことは、マンション投資をするうえで何よりも幸運なことでした。

ワンルームマンション購入体験談まとめ

今回は、自宅用のワンルームマンションを購入し、最終的にはワンルームマンションを使った不動産投資を行うことになった方の体験談でした。普通に賃貸物件を借りても住民票は取れそうなものですが、あえてマンションを購入してしまうあたりが、バブルのころの匂いを感じさせてくれますね(笑)。

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換