【購入体験談】中古マンションを購入してリフォームを行った方がお得に買える!
こんにちは、管理人のサトウです。今回は中古のマンションを購入し、リフォームを行った方の体験談です。

中古マンションを購入してリフォームを行った方がお得に買える!

私は31歳の男性で建設会社で建築設計をしています。住んでいる地域は兵庫県です。
住宅を購入するきっかけは「家賃」ってもったいないよねという嫁の一言でした。兵庫県、大阪府内で2LDKを借りようとした場合、8万円~10万円が毎月消えていきます。そう思ったら老後のことも考えて思い切って家を買って、若いうちからローンを返していったほうが後々が楽になるよねと言われて、妙に納得してしまい、じゃあ買おうかという気になりました。

買った物件は中古のマンションで8階建ての7階、南向き、面積65㎡程度の住戸で、築年数は18年と比較的古い物件です。この物件は、前の入居者が訳ありで不動産競売にかかる寸前の物件でした。見学させていただいたときはまだ住んでいて、家具も置いてあって生活感たっぷりでした。普通の人の感覚だったらとてもじゃないけど買わないような印象を受ける状態でしたが、そこは建築設計の仕事をしているので目が眩むような状況は無視して客観的に良いところを評価して考えました。

5つのポイントを評価して購入に至りました

①日当たり良好(南向き、前面に高い建物がない、将来的にも高層の建物が建ちそうにない)
②マンション自体もそれほど老朽化していない(その証拠に修繕積立金が2億円程度たまっていました。)
③駅まで歩いて10分(通勤がしやすい、JR沿線)
④居抜きの中古物件で汚い感じでしたがクロスを張り替えたら絶対住みやすくてきれいになると確信があった。(仕事の経験を活かした。)
⑤価格が新築の1/2程度(月々の支払いに追われることがない。)

以上5つのポイントで、総合的にかなり良い条件がそろった物件だったので買うことに決めました。

不動産業者はインターネットでこの物件を見せてくれる会社を探して連絡したら、偶然、直接売り主とつながっている感じの不動産屋だったので、そのまま成り行きでお願いした感じです。なぜそんな適当な感じで不動産業者を決めたかというと、特定の不動産屋にお願いしてしまうと、物件を見学しに連れて行っていただくうちに情に流されそうになったり、断りにくくなったりとデメリットのほうが大いにあると感じたからです。

新築戸建てではなく中古マンションを購入することを妻に納得してもらうのが大変でした

物件探しの時に苦労したのは中古物件を買うことを嫁に納得してもらうことでした。最初は戸建ての新築住宅がよいと言っていましたが、土地付きで4000万円前後、ローンにすると35年で月々11万円程度、新築マンションで3000万円程度、ローンにすると35年で月々8万円程度、中古マンションで1500万円前後、ローンにすると35年で3~4万円程度という3パターンを見せました。

説得の決め手としては、支払いが少なければ生活が楽になってゆとりが持てるということでした。住宅の汚い感じは嫁も元々内装業をやっていたので中古物件でも自分で業者見つけて改修したら綺麗になるだろうと説得しました。

買って2年くらいたちますが、生活するにあたっては特に問題ありません。でも、買った後に気づいたことですが、トイレやユニットバスが結構汚くて掃除するのにかなり大変でした。ハウスクリーニングくらいは入れてもらうべきだったと思いました。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

    ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

    固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

    三菱UFJ銀行


    三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、3年・10年固定金利が通常ローンよりも安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

    住宅ローン契約額は日本で第1位です。

    ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

    ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

    団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

    三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


    保障が充実の変動・10年固定住宅ローン 

    保障が充実した住宅ローンとして人気があるのがじぶん銀行の住宅ローンです。

    変動金利・10年固定金利が最低水準ガン保障が無料で付帯するのが特長です。

    じぶん銀行


    じぶん銀行の住宅ローンは、変動・10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、全国どこでも利用可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    最安のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

    フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

    フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料も安いのが特徴です。

    ARUHI(アルヒ)



    ARUHIはフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

    フラット35の金利が最安で、審査が非常に速い(最短当日)のがポイントです。

    保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

    借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

    35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

    金利が上昇傾向のため、選ぶ人が増えています。

    ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>三菱UFJ銀行の公式ページ(実質金利が安い/変動・3年・10年固定金利が最安水準)

>じぶん銀行の公式ページ(ガン保障無料/変動・10年固定の金利が最安水準)

>ARUHIの公式ページ(フラット35の最低金利)

地域別 金利比較ランキング

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。

★地域別 金利比較ランキング★

 
 
 
 

関連記事