【購入体験談】新築一戸建てを購入し、三井住友銀行でローンを組みました
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は都内に新築一戸建てを購入しローン返済されている方の体験談です。住宅ローンを組む際は、固定金利・変動金利があります。どちらもメリットとデメリットがありますが自分の状況に合った金利を選ぶといいですね。

 

おすすめ住宅ローン■当サイト1番人気のおすすめ住宅ローン■

年間35万人が利用する当サイトで一番申込数が多い住宅ローンは、三菱UFJ銀行の住宅ローンです。

人気の理由は、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利まで低いこと。

支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借換にも対応)。

住宅ローン契約額は日本で第1位!、当サイト以外にも多くの人が利用しています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら

 

新築一戸建てを購入しました

私は都内在住の34歳の会社員です。
結婚して2年が経ち、子供も生まれたので、引っ越すか家を買うか、夫婦で話し合いました。
当時都内で2DKの賃貸マンションに住んでいました。

当時の住まいの地域では、子供がいる家族向けのマンションの家賃相場が15万円ほどでした。
駐車場が屋根無しで16000円かかっていたので、賃貸は経済的に難しいと感じました。
ならばローンを組んで家を買った方がいいと考えて、物件を探しました。
3か月ほどネットで探しては見学をしていたら、隣の区に新築の1戸建てが売り出されました。

間取りが4DKの1戸建てでした。駐車スペースがついている点もポイントが高かったです。
北東向きの角地という点が良かったです。
都内は敷地同士がくっついていますが、両方挟まれていない土地が魅力がありました。

三井住友銀行でローンを組みました

売り出していた仲介の業者に依頼して、その紹介でローンの審査を頼みました。
提携していたのは三井住友銀行でした。
当時で一番安い金利は、変動金利でのローンでした。
固定金利との差が2%近くありました。

最初だけうんと低い金利で3年目から高くなるタイプもありました。
すごく悩みましたが、一番安い金利の変動のみで行くことに決めました。
金利は1.42%でした。

銀行の担当者からは、ほかの銀行でお尋ねになって下さっても・・と、言われましたが、
手続きが正直言って面倒だったので、そのまま頼みました。
ただ、詳しい友人から聞いていたので、元利均等で払いたいとだけ伝えました。
最初のころは支払いが多いが、どんどん元金が返済できるから後が楽だと聞いていたのでした。

変動金利でローンを組んだが金利が上がり毎月の支払いが増えました

家を見つけてからは、とにかく仲介業者にまかせて審査を済ませ、言われるままに手続きをしてしまいました。
その後2年したら1度だけ金利が上がってしまいました。
その間は1年ほどだったのですが、毎月の支払いが1万5千円ほど増えました。
こづかいは減らされませんでしたが、少しの変動でもくるなと実感しました。

今のところは、家を買ってから9年間、金利が上昇しないで済んでいるのですが、もしまた上がったらと考えると少し心配です。
自分としては、後10年で繰り上げ返済をしながらですが、全部返済出来そうなので、今のような金利の局面がなるべく続いてもらいたいと希望します。

もし、今のような低金利じゃなかったら、都内に家を買えなかっただろうと想像します。
今の住まいは、都心まで30分。
仕事場に近いので、良かったと思っています。
(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な変動・3年・10年固定住宅ローン 

金利面でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行の住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行の住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。
頭金が多い場合は、さらに金利が安くなります。

WEB申込で事務手数料(税込)2.2%→1.1%、保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBI銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利とフラット35の金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります。

もちろん、保証料、一部繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換


10秒!おすすめ住宅ローンをシミュレーション比較!

万円
金利毎月の返済額諸費用まで簡単に比較できます!

住宅ローンのおすすめ記事一覧 

【住宅ローン 都道府県別金融機関】

【住宅ローンの基礎知識】

【住宅ローンの疑問など】