【住宅ローン体験談】三菱UFJで住宅ローンを組みました
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は一戸建てを購入し住宅ローンを組まれた方の体験談です。住宅ローンを組む際にどのタイプの金利を選ぶのが良いか迷うのではないでしょうか。住宅ローンに関する知識をしっかり得て自分の状況と合った金利を選ぶといいですね。

家族が増え一戸建てを購入

私は埼玉県在住の36歳の女性です。
念願叶ってようやく見つけた夢のマイホーム。
物件を見つけるだけでも時間も労力もかけてきたので、契約までこぎつけたあとの住宅ローンのことについては当時分からないことだらけでした。

双子を出産して家族が増えたことがきっかけで一戸建ての購入を検討するようになりました。
それまでは1LDKの賃貸マンションに住んでいましたが、生まれたばかりの双子たちの夜泣きは交互に容赦なく続いていましたし、育児に追われて私たち大人もドタバタと部屋中を走り回っていたので周囲の部屋の方々へのご迷惑を考えても引っ越ししないと、という思いが日々強くなっていったのです。

物件探しは子育てしながらでしたのでネット情報を駆使し、主人と苦労しながらある一戸建てに巡り会いました。
最寄り駅から徒歩10分程で幼稚園や小学校が近く、また日当たりが良好という好条件でしたので、物件を初めて見たその日のうちに契約を決めました。

住宅ローンは三菱UFJ

不動産で契約手続きを進めていくと、住宅ローンについての話になりました。
いくつかの銀行を提案されて、それぞれの銀行でローンを組む場合の金利や諸条件について説明を受けましたが、私たちにはあまり馴染みのない銀行ばかりでした。そのため、もともと自分たちが口座を持っていた三菱UFJで住宅ローンを組みたいのでそちらの情報を詳しく教えてくださいと依頼をしました。

そして他銀行との比較検討をし、結局三菱UFJでお願いすることにしました。
しかし、最後まで悩み続けていたのがどのタイプの金利を選ぶか、ということでした。
「変動」「全期間固定」「当初3年、5年、10年固定」などあまりに多くの選択肢があり、先のことは予測不可能ですから、正直なところよく分からなかったのです。

住宅ローンに関する知識は物件探しと並行して事前に調べておくとよいです

出来るだけ低金利でローンは組みたいけれどずっと変動で不安にならないか、逆に固定にして高金利になりすぎると厳しくなるのでは、と悩み抜いた揚句選んだのは当初10年固定でした。
今でもその選択がベストだったのか不安になるときがあります。でもあれほど悩んで決めた金利だから、まずは良しとしようと思うようにしています。

私たちの場合は、引っ越しを急いでいたこともありますが、物件探しに気を取られすぎていて住宅ローンについて情報収集をする余裕がありませんでした。
ですので、今まさに住宅購入を検討していたり、将来いずれは購入したいと考えている人たちは私のまわりに何人もいますが、住宅ローンに関する知識は物件探しと並行して事前に身につけて置くと安心だよとアドバイスしています。
(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、【住宅ローン体験談】三菱UFJでの利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(【住宅ローン体験談】三菱UFJでの利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事