住宅ローン審査
こんにちは管理人のサトウです。今回は銀行から提示された条件を呑んで、住宅ローン審査に通過された方の体験談です。銀行からどのような条件が出るのかが示されているので、住宅ローンを借りる時の参考になるかと思います。

 

おすすめ住宅ローン■当サイト1番人気のおすすめ住宅ローン■

年間35万人が利用する当サイトで一番申込数が多い住宅ローンは、三菱UFJ銀行の住宅ローンです。

人気の理由は、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利まで低いこと。

支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借換にも対応)。

住宅ローン契約額は日本で第1位!、当サイト以外にも多くの人が利用しています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら

 

優遇サービスが豊富な住宅メーカーに依頼

私は32歳の主婦で、主人は小売店の仕事をしています。千葉在住です。
子供が2人いて、今までは千葉駅から近いアパートに住んでいたのですが、子供の幼稚園入園を期にそろそろマイホームが欲しいという事で、主人の実家に近い田舎の方の不動産を探し始めました。実家は千葉県茂原市なので、そっちの方面で探していたところ、緑が豊かでとても住み心地がよさそうな閑静な住宅地で、学校も病院も充実している土気で探し始めました。

土地は私たちの年収に見合った広さで55坪ほど、駅からも徒歩15分くらいで日当りも良く、スーパーや公園にも近い物件に出会う事ができ、それを購入しました。家は注文住宅で、断熱に力を入れている住宅メーカーにしました。太陽光もキャンペーンでサービスしてくれるとの事でしたし、そこのハウスメーカーの営業が京葉銀行の営業と懇意があり、ローンを優遇してくれるという事でした。

条件付きでしたがローンの審査が通りました

ローンを組むにあたり、少し条件がありました。その条件を満足するとローンを組めるというものです。ポイントというのが、今までお給料の振込口座が千葉銀だったのですが、これを京葉銀行のローンを組む支店にするという事、また京葉銀行のキャッシングのカードを作るという事(実際はキャッシングはしなくても良い)、それから光熱費、ガス、NHKなどの引き落とし口座を京葉銀行のローンを組む支店に変更する事、京葉銀行以外でのクレジットカードのキャッシングをなくす事というものでした。この条件を飲んだ上で、主人の職場の審査が通ってローンを組む事ができました。

多くの人が利用するという変動金利を選択

住宅ローンを組むにあたり、一番考えるのに苦労したのが、変動金利にするか固定金利にするかでした。今は変動金利だと、0.785%でとても安く、この金利は5年ほど変わっていないという話を聞きました。実際ローンを組む80%以上の人が今は変動にするという事でした。

でもこの先どう動くか分からないので、義父母は固定の方が良いのではないかと言っていました。ただ固定と変動の差額が1万5千円もするのです。また今変動にしても後から固定に切り替える事もできるという話を聞き、一応変動にする事に決めました。実際変動にして良かったと思っています。金利はますます下がっているので、とりあえずちょっとの間は安心だと思います。

購入する方は、多分ハウスメーカーにはそのハウスメーカーごとに顔の効く銀行があるかもしれないので話を聞いてみるのは良いと思います。ローンを組むのが無理かもしれないと思っても、ハウスメーカーの方は買わせたいはずなので、色々やり方を知っています。無理かもしれないと思っても、案外組む事ができたりします。話だけでも聞いてみて下さい。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な変動・3年・10年固定住宅ローン 

金利面でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行の住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行の住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。
頭金が多い場合は、さらに金利が安くなります。

WEB申込で事務手数料(税込)2.2%→1.1%、保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBI銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利とフラット35の金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります。

もちろん、保証料、一部繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換