10141965_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は住宅ローンの審査が通るかどうか不安だったものの、信用金庫の住宅ローンを利用することで無事に自宅を購入出来た方の体験談です。

 

おすすめ住宅ローン■当サイト1番人気のおすすめ住宅ローン■

年間20万人が利用する当サイトで一番申込数が多い住宅ローンは、三菱UFJ銀行の住宅ローン(ネット専用)です。

人気の理由は、変動・3年・10年固定金利が通常ローンよりも安く、さらに固定期間終了後の金利まで低いこと。

支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借換にも対応)。

住宅ローン契約額は日本で第1位!、当サイト以外にも多くの人が利用しています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら

 

安心のフラット35■安くて人気のフラット35■

ARUHI金利

ARUHI(アルヒ)はフラット35シェアのNo1の金融機関で、金利も最低水準です。

最近、フラット35の金利が変動金利と変わらない水準(0.5%以下~)になっています。

完済まで非常に安い金利で返済できるため、変動や10年固定と比べても安心で経済的

オリンピック後は金利が上昇するとも言われており、選ぶ人がかなり増えてきています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら

子供を育てるならやっぱり一戸建てが一番です

私は大阪府に住む36歳(男性)のITエンジニアです。
私が不動産を買おうと思った理由は、子供が大きくなってきたことがきっかけでした。結婚した当初は、賃貸マンションで暮らしておりました。駅から徒歩5分ということもあり、当時の私は、マイホームを購入して住まいを変えることには、あまりこだわりはありませんでした。

しかし一人目の子供が1歳半を過ぎたころから、活発に走り回るようになり、階下の住民の方から苦情が出るようになりました。また、妻は当初、分譲マンションも視野に入れておりましたが、子供が自由に動き回れる戸建て住宅を希望するようになり、私も妻に背中を押される形でマイホームを探すことになりました。

最終的には、当初の希望通り、戸建てを購入しました。

予算オーバーであきらめかけたときに出会えた物件

最初は全国区のハウスメーカーで注文住宅を購入することを考え、住宅展示場にも足を運びました。ですが、やはり大阪府内で注文住宅を建てるには、私たちが工面できる予算をオーバーしていましたので、諦めざるを得ませんでした。

新聞の折り込み広告を見ていたとき、ちょうど私たちが「このあたりに住みたい」と希望していた場所で、地元密着のハウスメーカーが建築条件付き土地を販売していました。

たった1区画でしたので、妻はすぐさまハウスメーカーに電話しました。条件付きではあるものの、間取りやキッチンのメーカー、壁紙など自分たちで自由に決めてよい、ということでしたので、元々注文住宅を希望していた私たちにとってみると、願ったり叶ったりの物件でした。

ローン審査が問題でした

大阪シティ信用金庫で住宅ローンを組みました。住宅ローンを選ぶときに苦労した点は審査です。現在もそうですが、超低金利時代が続いていますので、変動金利を選ぶことに何の疑問もありませんでしたが、問題は審査です。

当時私はローン会社からの借金が50万程あり、この負債が審査にどのような影響を及ぼすかは未知数でした。ただネットの情報を見るに、信用金庫の審査が一番緩い、という情報がありましたので、地元の信用金庫にローンを依頼することになりました。

その信用金庫は、家を買ったハウスメーカーが推奨する金融機関であったためもあるかもしれませんが、審査は特に問題なく通りました。もし、審査に多少なりとも不安があるのでしたら、審査の通りやすい地元の信用金庫を積極的に活用することをお勧めします。

自宅購入体験談まとめ

今回は信用金庫の住宅ローンを使った住宅購入体験談でした。住宅ローンの借りやすさ、審査の通りやすさは、都市銀行<地方銀行<労働金庫<信用金庫という順番になっているようです。
信用金庫だから必ず借りれるというわけではないですが、大きな借り入れが他にある場合でも、比較的審査も通りやすいのは事実のようですので、審査に不安のある方は利用してみるのがよいかと思います。

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換