住宅ローンフラット35
こんにちは管理人のサトウです。今回はヘーベルハウスで自宅を建築されたかたの体験談です。

家賃と同じ支払いと知り、マイホームを持つことにした私

私は39歳男性会社員で、神奈川県在住です。
東京で賃貸マンションに夫婦二人暮らしでしたが、2年経った住宅更新時に、偶然テレビで住宅展示場特集を放送しており、戸建てに興味を抱きました。家賃と同程度の支払いで住宅ローンが組めることを知り、思い切ってマイホーム建築に踏み切りました。

また、土地は実家(神奈川)近くに祖父の名義の土地があったので、相続する形で譲り受け、上物代だけでマイホームが手に入る、ということも大きなきっかけです。旭化成のヘーベルハウスで、注文住宅です。

設計士とインテリアアドバイザーに話を聞き、イメージがふくらんだ

いろいろな住宅メーカーのモデルハウスを見ましたが、一番デザイン(マッシブ感)が気に入った、営業との感性が近かったなどの理由から決定しました。また、設計士の方が何度も希望を聞いてくれ、プランを次々とアップデートしてくれたのも大変心にぐっときました。

さらに、インテリアアドバイザーの方が途中から参加し、具体的な部屋の内部のイメージもふくらませてくれたのも大きな理由です。(どうしても最初は間取りや設備等を決めることが多く、実際の部屋のイメージがわきにくかったため)

旭化成モーゲージの「フラット35」で、繰り上げ返済をしていくことに

住宅ローンは、旭化成モーゲージを選びました。
住宅購入時はフリーランスとして働いていたため、普通の銀行ではローンが審査落ちするのではと思っていたところ、旭化成専用の住宅ローンを提案して頂き、大変助かりました。住宅ローンが通ったのには、頭金(これも祖父からの相続です)として用意していた金額が大きかった(1,000万)のも関係しているかもしれません。

支払いは定額の「フラット35」を利用して、資金がたまれば随時繰り上げ返済をしていく計画でいます。(現状は10年経ちますが、300万ほど繰り上げ返済し、月々の支払いを減らしています)手数料も100万単位の繰り上げ返済であればかからないので、日々貯金をしています。

長く済むマイホームなので、やはり担当営業や建築家との相性がかなり重要になると思います。また、坪単価という言葉が良く出てきますが、あまりに安いとそれなりのものしかできないので、それこそ安く済まそうというのであれば、建て売り住宅などの方がよいかもしれません。

また、東京に暮らすのであれば、戸建ては現実的ではないので、マンションを検討するでしょうし、地域に沿ったレベルの住宅を購入することをおすすめします。将来の家族設計なども考える必要があるため、私は増改築のしやすい旭化成のヘーベルハウスを選びました。今は金利がかなり安いので、変動金利よりも着実に固定金利の住宅ローンをおすすめします。

(体験談は以上です)


関連記事