【購入体験談】クレジットカードの利用には注意。住宅ローン否決の理由にも
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は自宅を購入された方の体験談です。マイホーム購入する際には、住宅ローンを組まれる方もいると思います。ローンの審査に通らないことのないように、事前に計画を立てておくといいですね。

 

おすすめ住宅ローン■当サイト1番人気のおすすめ住宅ローン■

年間20万人が利用する当サイトで一番申込数が多い住宅ローンは、三菱UFJ銀行の住宅ローン(ネット専用)です。

人気の理由は、変動・3年・10年固定金利が通常ローンよりも安く、さらに固定期間終了後の金利まで低いこと。

支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借換にも対応)。

住宅ローン契約額は日本で第1位!、当サイト以外にも多くの人が利用しています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら

 

安心のフラット35■安くて人気のフラット35■

ARUHI金利

ARUHI(アルヒ)はフラット35シェアのNo1の金融機関で、金利も最低水準です。

最近、フラット35の金利が変動金利と変わらない水準(0.5%以下~)になっています。

完済まで非常に安い金利で返済できるため、変動や10年固定と比べても安心で経済的

オリンピック後は金利が上昇するとも言われており、選ぶ人がかなり増えてきています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら

富士住建に依頼してマイホーム新築

私は千葉県在住の33歳の専業主婦です。

30歳の頃に主人(同年齢)とマイホームを持ちたい!と考え始め、住宅展示場に見学に行ったりハウスメーカーを訪問したりし始めました。

幸いにも主人の父が土地を持っていましたので、その土地を譲ってもらい上物を建てる事になりましたが、色々なハウスメーカーを回りましたがなかなか予算とプランに折り合いがつかず、難航…。

悩んでいた所、たまたま地域新聞に入っていたチラシの中に「富士住建」というメーカーのものがあり、相談に行くと自分達の希望に添った提案を細かくプランニングしていただけること、住宅設備の標準仕様がとても良かったことなどから富士住建に依頼することに決めました。

建物の間取りなどを決めていきながら、並行して銀行の住宅ローンの申請をしていました。

思わぬトラブル。住宅ローンの審査が下りない

しかし、建物の内容が順調に決まっていくのに対し住宅ローンの審査が下りない…!

大手銀行を4行落ちてしまい愕然としました。申請はメーカーの担当の方にお願いしておりましたが、お話を聞くと、過去に1度や2度程でも携帯料金や公共料金の滞納があったのではないか?とか、直近(過去5年程)では思い当たらないことばかり。

車のローンも終わっていてもちろん大きな借金もないのに審査が下りないなんて、もしかすると自分達には家なんて建てられないのではと落ち込んでいたところ、JAの住宅ローン審査に通ることが出来ました。

他の銀行に比べても金利自体は高くも安くもなくでしたが、捨てる神あれば拾う神あり!藁にもすがる思いでお願いしました。

後から聞くと、案外住宅ローン審査に悩まされている方は多いとか。私達もまさかそこまで進まないものとは思っていなかったので落胆する反面、大変驚きました。

細かいものをクレジット決済するのは、銀行に印象が悪い

そこからの進みはとても早く、約半年後には夢のマイホームを手に入れることが出来ました。住んで一年が経ちますが、富士住建はこれまで点検にも4度来てくださっていて、何かあればよく対応してもらえ、問題なく気持ちよく過ごさせてもらっています。

審査が通らない時の問題点とは何かを、審査が下りて安心した頃に調べてみたところ(審査中はとても恐くて調べられませんでした…)、教えてもらったような滞納があったなどはもちろんですが、クレジットカードの利用内容を細かく見たりされるそう。

今はクレジットカード利用でポイントが貯まります。その為家賃、食品、光熱費と小さなものもクレジットカードでお支払いされる方は多いと思います。

私達利用者は賢く効率よくお金を使いたいのでそのような利用をベストとしていますが、銀行にとってクレジットカード利用とは借金をしているのと同じことのようで、逆に言えば小さなものも借金をして支払いをしている、ととらわれることもあるそうです。

ただクレジットカードは銀行から勧められ利用することもあるので、納得がいかない部分もありますが…。

ですので銀行としてはクレジット利用が多い場合、借金が多いものとみなしローンの支払いにも支障が出るのではないかと貸付を断る理由とされるようです。

そういったことを事前に知っていたら、もっと気をつけることが出来たし、住宅ローンをもう少し自分達の希望するもの(金利・手数料が安いなど)に近づけたのかもしれないと今更ながら思います。

ですので、これからマイホームの購入を考えていらっしゃる方の少しでも参考になれば嬉しいです。
(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換