マンション購入
こんにちは管理人のサトウです。今回はお子さんが生まれたことをきっかけにしてマンションを購入された方の体験談です。

出産・子育てを期に、住宅環境を見直した私

私は兵庫県在住の27歳で、現在子育て中の専業主婦です。夫27歳、私26歳の時にマイホームを購入しました。
私は専業主婦なので、ローンは全額夫名義で組みました。結婚当初から夫も私もマイホームに強い憧れを抱いており、いつか住宅購入をするために毎月コツコツと夫の給与の一部や私のパート代全額を貯蓄していました。

マイホーム購入を決めた理由は、娘が生まれたことです。購入前は家賃の安い社宅に住んでいました。妊娠前の二人暮らしの時は住環境についてそれほど気にしていなかったのですが、娘が生まれてからそこで子育てすることについては、「壁が薄くて断熱性に乏しい」や「交通の便が悪い」「近くに病院(特に小児科)がない」といった不満が多くありました。

私たち夫婦はできるだけ頭金を貯めてからマイホームの購入を検討しようと思っていたのですが、だんだんと社宅での子育ての不満と限界がピークに達していることを感じ始めて、予定よりかなり早かったのですが、マイホームを購入しようということになりました。

繰り上げ返済の手数料がお得だった三井住友信託銀行

マイホームとして戸建ては考えておらず、最初からマンションを希望していました。私の住む地域は治安があまり良くなくて、警備システムがしっかりしていることを考えると、戸建てよりマンションの方が良いと考えていたからです。不動産の情報誌を見て何件かモデルルームに行き、警備システムや設備などの希望がぴったり合ったのが今のマイホームでした。我が家は駅から徒歩10分以内の南向き3LDK65平米の新築マンションです。

住宅ローンは、マンションの販売会社から何件かオススメのローンを紹介されたのですが、資料やネットや直接銀行に行って調べて、最終的に「金利の引き下げキャンペーンの恩恵を十分に受けられて、返済用口座に約定返済額より多く入金したときに使える自動返済システムでの繰り上げ返済時は手数料が無料」ということが魅力的だった三井住友信託銀行を使いました。

金利引き下げはもちろんですが、今後の教育費のことを考えて繰り上げ返済の手数料については特に重要視しました。せっかく元金を減らすためにお金を貯めて繰り上げ返済をしても、多額の手数料がかかっては意味がないと考えていたからです。

35年変動金利で繰り上げ返済中

毎月余裕のある分やボーナスが入った時にその分を返済用口座に入金し、手数料無料の自動返済システムを利用してコツコツと繰り上げ返済を続けています。ちなみに、ローンは35年変動金利で組みました。頭金は諸費用を除いて2割程度しか用意できませんでしたが、今の金利の動きを調べるとやはり固定金利よりも変動金利を選択した方が低金利の恩恵を受けられるだろうということで決めました。

友人の中にそろそろ住宅購入をしようか検討している人がいるのですが、私は「業者のことも物件のこともローンのことも、全部自分で調べて納得してから購入を決めるべきだ」ということを伝えたいです。モデルルームに行った時に「あの業者さんや銀行の人がこんなことをオススメしてくれたからその通りに決めた」では、必ず後悔する時がやってきます。(他の友人の中にそのことで悩んでいる人がいます)物件購入は、目的がマイホームにしろ投資用にしろ、とても大きな買い物です。これから住宅購入を考える知り合いには後悔しないように、上記のことをアドバイスしたいと思います。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事