10年固定金利でマンションを購入
こんにちは管理人のサトウです。今回は10年固定金利の住宅ローンでマンションを購入された方の体験談です。固定金利と変動金利の選択で悩まれたようです。

不動産価値の下がらない立地のマンションを購入した私

私は女性で、28歳会社員、東京都在住です。今年主人との名義でマイホームを購入いたしました。
広さは1LDK+S・50平米と少し狭い物件ですが、目黒区の分譲マンションの1階です。選んだ理由は、今後不動産価値の下落が激しくないと思われる立地であった事、新築であった事、内見をして設備や立地、値段等バランスのいい物件だと感じた事です。

マイホーム購入にあたり様々な銀行の住宅ローンを検討し、結果、「三井住友信託銀行の10年間固定金利」を選択しました。変動金利、一定期間固定金利、フラット35等銀行により様々な種類があり金利も異なるため、住宅ローンを選ぶのが一番苦労しました。銀行により保証料や優遇金利もかなり異なるので、時間をかけてなるべくたくさんの銀行へ相談に行ったりシュミレーションをしてもらい、今後の返済プランに沿って検討した方がよいと思います。

変動より金利が低かった10年固定金利

変動金利や一定期間の固定金利だと、今後金利が急激に上昇した場合はどうなるのだろうと不安があり、全期間一定して固定金利である30年固定やフラット35等の方が将来的にも安心なので最後まで悩みました。

ですがいくら考えても10年後、20年後の社会状況は予測する事ができないので、低金利時代と言われる現代だからこそ、できるだけ金利が低いプランの方が良いと思い、最終的には10年固定型を選択しました。変動金利が一番低いだろうと思い変動金利を選択する方が多いようですが、実際私が選んだ10年固定金利は変動金利よりも低い金利でした。

固定金利の期間に、繰り上げ返済する方法がお勧め

知り合いに不動産購入のアドバイスをするとしたら、私は立地や住宅の設備を最優先した方が良いと勧めます。不動産は時間と共にどんどん価値が下落していくものですが、立地によっては今後価値が下がらない事や価値が上がる可能性もあると思います。一生住み続けるならばどこでも良いと思うのですが、売却や賃貸を視野に入れているならば、今後発展しそうな場所を狙い、最寄駅から徒歩10分圏内の物件を購入するのが良いと思います。10分を超えてしまうと賃貸は難しくなります。

住宅ローンについては、今後金利が上昇しても対応できる経済力があるのであれば変動金利も良いと思いますが、若干不安だなと思う方は私のように一定期間固定金利(3年、5年、15年等もあります)、「元利均等返済」ではなく「元金均等返済」を選択し、金利が固定である間になるべく繰り上げ返済で元金を減らす、というのが一番良いのではないかと思います。いずれにしても住宅ローンは一つの銀行を見ただけでは決められないので、たくさん情報を収集してから決めた方がいいと思います。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、【購入体験談】固定金利での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(【購入体験談】固定金利での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事