【住宅ローン体験談】その場で即決!中古物件購入・住宅ローンはUFJ銀行
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、中古住宅購入と住宅ローンを組まれた方の体験談です。中古物件を購入する際はその場で即決するのではなく値引き交渉することも大切ですね。

中古住宅・速攻で気に入りその場で即決

私は大阪府在住の36歳の主婦です。
子供が産まれてアパートが狭くなってきたので、一戸建てを買おうと夫婦で話し合って購入を検討するようになりました。

結局、購入したのは3階建ての一戸建てです。
私は洗濯の導線を考えると3階はきついかと思ったのですが、それ以外の家の雰囲気と場所が気に入ったことと、
主人は家の中をみるなり速攻で気に入ったので、その場で買うと即答してしまいました。

築10年にもならない比較的新しい中古物件なのですが、トイレや壁紙などほとんどリフォフォームがされていてキレイだったことと、
床やクローゼットがアンティーク風になっていることが気に入りました。
また、駐車場も狭いながら家に1台分ありますので、アパートでは月1万も払っていることで駐車場代金もうくということになりました。

住宅ローンはUFJ銀行

契約をしにいくときに、仲介してくれた不動産会社がUFJ銀行指定だったので、いままで使ったことはなかったですが、その銀行で話をすることになりました。

ですが、住宅ローンはどこも軒並み同じ利息で、ほぼ変わることはないということで話し合いなされたので、自分たちもそれに応じた形になりました。
契約したのは金利は変動制のローンでした。
まぁ10年くらいはほぼうごくことはないと言われているので大丈夫だと思います。

知り合いにアドバイスするとしたら、
業者がそこそこ大手の不動産会社であれば、必ず住宅ローンを利用する銀行が決められてしまいます。

中古住宅はその場で即決せず値引き交渉するといいです

自分が絶対この銀行でローンを組みたいんだという希望がない限りは
その不動産会社の思うままになりますので、それが嫌で納得できないという方は事前に銀行の住宅ローンを検討しておく必要があります。
そして、住宅を購入する際に事前に不動産会社に自分が思う銀行で住宅ローンを組みたいということを伝えましょう。

そして、うちの主人のようにすぐに購入するという返事をしてはいけません。
購入する前に、ほかの不動産会社でも検討しているというようなことをにおわせておきましょう。

ネットや広告の価格より1割は安くなるので、絶対にまけてもらいましょう。
また、端数なども切り捨ててもらいましょう。
家は一緒の大きな買い物です。1割でも金額が大きいので、必ずまけてくれます。

最初から少し高めに設定をしているので、100万や200万の値引きはできす。とくに中古物件の場合は値引き幅が広いです。
思い切って営業の方と交渉してください。

(体験談は以上です)


関連記事