14846827_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は地銀の十六銀行で住宅ローンを組んで自宅を購入した方の体験談です。

マンション価格が高騰する前に買いたいと思いました

私は29歳の専業主婦で愛知県に住んでいます。

昨年、夢のマイホームを購入しました。それまでは、駅近の賃貸マンションに住んでおりましたが、家賃も駐車場もそれなりに高いなと感じておりました。消費税増税のタイミングでもありましたし、東京オリンピックによる人材不足でマンション価格の高騰が見込まれるため、一度、マイホームの見学会に行ったのがきっかけでした。

購入したのはベランダが南向きの駅近の15階建てマンションの一室です。
マイホームを購入するにあたって優先したことは、電車の駅から近い事、服の収納スペースが充実している事、部屋の壁面と建具の色合いが好みな事、洋室のみでフローリングである事(和室が好みではないため)、徒歩圏内にスーパーや銀行等がある事、リビングが南向きでベランダのスペースが広い事等がありました。

中でも、電車の駅から近い事が最優先事項であったため、一軒家ではなく、マンションに限定して約4ケ月間、週末にモデルルームを見に行きました。結果、該当する物件を見つける事ができ、今は家族ともども快適に暮らしております。

住宅ローンは十六銀行の固定金利

住宅ローンは地元の十六銀行(地銀)を使いました。金利は10年の固定金利(当時1%)を選択しました。はじめは、右も左もわからない状態でしたので、複数の銀行に話しを聞きに行って、金利の相場を把握するようにしました。

気をつけた点としては、現時点で車のローンなどが残ってない状態にしました。車のローンでも残っていると銀行からの審査時、結果に響きます。在籍している会社の信用もあり、住宅ローンを組む上で特に苦労した事はありませんでしたが、勤続年数が4年と浅かったため、少し不安はもっておりました。

知り合いに購入のアドバイスをするとしたら

住宅ローンの金利面だけに焦点を当てて考えると、先日、政府がマイナス金利を発動しましたので今は私の時よりも、より良い選択ができるのではないかと思います。
正直、人によって、財務状況や家族構成や給料など違いますので何がベストな選択か一言では言えませんが、トータルでよりよい選択ができる事を願っております。                         

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    また、期間限定で最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事