h9672295_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回はご両親と一緒に住むための自宅を購入された方の体験談です。

両親と暮らすために中古住宅を購入しました

私は51歳男性、長野県在住です。自宅を購入したときの体験をお話します。

不動産購入の理由ですが、仕事も安定してきたため、遠方に住んでいる両親を、元気なうちに呼び寄せて一緒に暮らせる家を探そうと考えたからです。

購入した物件は、築30年ほどの木造2階建ての中古住宅(一戸建て)です。

中古住宅の選び方、決めた理由

・市街中心部、病院、買い物場所が近いなど、便利な立地であったこと
・狭いながらも花を作れる程度の庭があること
・ほかにいくつか見た物件の中で、建物のつくりがしっかりしていたこと
・やや予算オーバー気味だったが、値引き交渉の結果、価格的にもなんとか折り合ったこと

不動産業者さんは、当時住んでいた賃貸物件を仲介してくれた業者さんから、売買を専門に行う業者さんを紹介してもらいました。幸いどちらの業者さんも、顔を出すと「お茶飲んでいって」と声がけされるなど、気さくで丁寧、誠実な応対をされる方でしたので、気持よくお願いすることができました。もちろん、仕事はきちんとしています。

中古住宅を買うときに苦労した点、注意したポイント

まず、マイホームですから、一生一度の買い物です。買い直しは効きません。ゆえに物件選びは慎重に慎重を重ねました。実は、本格的に探す3年ほど前にも一回、同じルートで家探しをしてもらったのですが、その当時は立地と建物の両方の条件を満たす物件がなく、あきらめたという経緯もあります。

地方都市ですから、中古住宅という物件には限りがあり、一回休みにせざるを得ませんでした。幸運にも、地価の影響でその後物件価格が全体的に低下したため、前よりワンランク上の物件に手が届くようになりました。不動産価格の騰落は予想も難しいです。このことは物件選びには、幸運だったといえるでしょう。

中古物件はプロの人でも判断が難しい

中古物件の場合、それを壊して更地にして新たに家を建てる財力があればいいのですが、残念ながら当方にはそれは困難でしたので、建物のもとの構造がしっかりしていることを確認しました。これは、建築関係で働いている経験のある人に同行してもらうと良いと思います。

また、害虫害獣(特にシロアリ)に関しても、確認を行いました。なお、チェック漏れは必ず発生します。当方は、雨樋までチェックがまわらず、引き渡し後に隣家の方から雨樋が壊れていると教えていただいて、はじめて気づいて修理しました。

床とか壁とか、チェックする項目はたくさんあります。リストを作って、物件を見るときに確認結果を記載しておくと良いかもしれませんね。

中古住宅購入時はリフォーム費用も考えておくべき

買ってみての感想ですが、中古住宅=すでにある物件ですから、間取りなどは思い通りになりません。これは想定していたことですので、水回りリフォームと床暖房だけは別予算で確保して、快適に過ごせるようにしました。

そのこともあって、不満はなくなり、自宅で過ごす時間がとても長くなりました。若いころは、賃貸でも良いかな?と思ってはいましたが。マイホームはいいものです。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事