40242504_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は結婚を機に中古のマンションを購入された方の体験談です。

賃貸のつもりがマンションのモデルルームを見て夢が膨らんでしまいました

私は大阪府大阪市在住の30代女性です。メーカーの事務をしていましたが、出産を機に退職し、現在は専業主婦です。

結婚が決まり新居を探すにあたって最初に候補にあがったのは賃貸にするか主人の会社の社宅を申し込むかでした。
2人とも働いていたので、それぞれの職場に行きやすい場所で、子供が生まれときのことを考えてどちらかの実家に近い場所でと話し合っていくうちに社宅の線は消え、適当な場所で賃貸住宅を探すことにしました。

希望の場所で賃貸となると家賃も結構高く、それだけの家賃を払うのなら初めから中古住宅を買ってローンを払う方がいいのではという話になりました。

主人はそれなら多少不便でも当面は社宅でもいいのでは?と、いきなり住宅購入することには反対だったのですが、たまたま一緒に出掛けた時に立ち寄ったマンションのモデルルームを見て夢が膨らんだらしく、もともと戸建よりマンション住まいがいいかと話していたこともあって、新築にはこだわらず、築浅の中古マンションを探すことにしました。

そこで、最終的に私か主人どちらかの実家のエリアでよい物件を見つけたらそこに決めようと、それぞれのエリアにある不動屋さんを当たりました。

物件はインターネットや大手の不動産屋を使って探しました

インターネットで調べたり、阪急不動産、住友不動産など大手の不動産を当たり、主人のエリアの方が中古物件がたくさん出ていたので、そのエリアを担当されていた住友不動産と、地元の不動産屋さんに希望を伝えて、良い物件が出たら声をかけていただけるようにお願いしました。

大手の不動産屋さんの方が情報が早いのか、担当者の方がよかったのか、住友不動産の方が早く情報をいただけるので、住友不動産の担当者に内覧をお願いして、今のマンションも売買契約が成立しました。

主人はじっくり吟味して選ぶタイプだったので、何件も何件も物件を見て、半年ほどかかって決まったのが今の住居なのですが、決め手となったのは立地、間取り、評判です。

住宅の選び方

私も主人も親と同居で一人暮らしすらしたことがなかったので、住宅をどう選べばいいのかわからず、担当の方にどういう点をポイントに選ぶといいか相談したところ、戸数が多いところは住宅積立金も貯まりやすく大規模改修の時に追加金を払わずに済むことが多い。

そういう大規模改修やトラブルなどに備えて、マンションは管理組合がしっかりしているところを選ぶといい。と教わりました。

そして、自分がこのエリアを担当していて、住人の人柄や修繕積立金の状況などを踏まえて、買いたいと思うのはここだと今のマンションを勧めてくれました。

このマンションは部屋ごとに少しずつ間取りが違うので、売りがでるたびに声をかけていただきました。どの部屋もよかったのですが、即決するのは不安で決められないまま見続けて、4部屋目で即決しました。

何度も通ううちにこのマンション全体の雰囲気をとても気に入り、それぞれの部屋の間取りもなんとなくわかってきた時だったので、狭いながらも動線がとてもよく、入った時の室内の印象が一番よかったこの部屋がいい!と思えたからです。

不動産屋とのやり取りが伝言ゲーム状態で苦労しました

家探しを初めて半年くらいかかりましたが、よく考えて選んだ部屋なので今も満足しています。引き渡しのタイミングがぎりぎりで、売り主さんがまだ住まわれている時に何度がお部屋をみせていただいたので、そのやりとりに不動産やさんが間に入ることで伝言ゲームのようになってモメてしまったことだけが残念です。

最初から時々あれ?と思うことはあるけれど、お願いしてしまったしまあいいか、知識のある方ならどなたでもいいかなと思って済ませていたのですが、次に不動産売買する機会があればまず最初に相性の合う、人とコミュニケーションを上手にとれる担当者さんを選ぶことから始めようと思います。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換