郊外に一戸建て購入
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は建売の一戸建てを購入された方の体験談です。さっそく見ていきましょう。

トータルで月10万近く払っていた賃貸時代

こんにちは、私は年齢49歳の主婦です。千葉県在住です。

不動産を購入しようと思ったきっかけは、夢のマイホームが欲しかったからです。

結婚して数年間は賃貸住宅に住んでいましたが、毎月毎月、家賃に9万円とか払っていて、駐車場代は別に5千円くらい払っており、トータルすると毎月の出費は10万円近い金額でした。

それに、3年経つと更新しなくてはならなくて、その度に保証人を親戚にお願いしたり、更新手続きにまとまったお金がかかったりかなり面倒でした。

それなら、結婚して数年経ったものですので、いずれ子供も産まれてくるだろうしという事で、家を買った方が良いんじゃないの? と思い夫婦で相談して家を購入しました。

高台の住宅地、建て売り住宅を気に入って購入

選んだ物件は建て売りの住宅です。

場所は駅からちょっと離れており、車で十五分くらいの場所ですが、頻繁に駅行きのバスは出ていますのでそんなに不便ではないです。

また、高台のため古くからの住宅地で地震や浸水などの被害は受けにくいのではないかという理由で、その地区にしては若干高めの物件ではありますが選びました。

ローンは住宅メーカーに勧められて千葉銀行を選びました。

気をつけた方が良い事としては、住宅という物は一回買ってしまうと、そうそう何回も買う事はできませんので、なるべく沢山の物件を見て選んで納得して購入した方が良いということです。

夫婦両方の意見が合わないと、後々揉める切っ掛けになりかねません。

また、色々と物件を見ているうちに、どんどん贅沢になってきてしまって、目が肥えてくるのでだんだんと良い物が欲しくなります。

購入予算は世帯主の収入だけを見積もって

それから、住宅メーカーの営業マンも売りたい一心です。

お客様のご予算ですとこちらの方がおすすめです、などとと高め高めの物件を紹介してきますので、ちょっとくらいの予算オーバーなら良いですが、かなり予算がオーバーすると買った後に大変な事になります。

例えば、家を購入する時は共働きだったため、予算は大丈夫だったけど、しばらくして子供が産まれて保育園も決まらずに働く事ができなくなってしまった、というケースも私の周りではありました。

東京周辺では保育園問題は深刻です。ニュースでも取り上げられていますよね。

そんな訳で、予算に関しては、共働きを想定しての予算は危険です。

あくまでも、世帯主の収入予算だけで見積もるのが安全だと思います。

あとは、予算の許す限り、仕事場に近い方が良いのか? 仕事場への通勤が不便でも緑が多い自然の環境が良いのか?

家族で納得いくまで話し合って決めていくのが良いと思います。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、【購入体験談】千葉銀行のローン利用での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(【購入体験談】千葉銀行のローン利用での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事