10948923_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は自宅家築のために利便性の高い場所に土地を購入された方の体験談です。

スーパーや銀行、学校などが近い  利便性が決め手

私は新潟県に住む35歳女性で事務職をしています。今回は家を建てるために土地を購入した時の体験談です。

購入した物件は小路にはいった土地でどんづまりの土地ですが、4メートル幅の道路なので車は入ることが出来ます。スーパーや銀行、学校などが近く、利便性がよい物件ですので、なかなか売地としては出ない物件でした。

この物件を選んだ理由は自分の実家が近かったからと、スーパーや銀行、学校などが近く利便性が大変よいからです。
新潟県だと車が必要な地域が多いですが私が購入した物件は、車がなくても徒歩や自転車などで勤務先やスーパー、学校など全て移動ができるので将来歳をとって車の運転ができなくなった時に便利な土地に住みたいなと思ったからです。また車の維持費もかかりませんので節約にもなります。

購入した不動産業者を選んだ理由

まずは購入した土地に売地の看板がでていて、そこにその不動産業者の連絡先がでていたからです。看板を見るまではその不動産業者を知りませんでした。

買う時に気を付けた点や苦労した点

なかなか売地として出ない地域の物件だったので土地探しには苦労をしました。
自分が知っている不動産業者のホームページを見たり、インターネットで住みたいエリアの売地情報を検索したり、購入したいエリアに売地の看板がでていないかどうか実際に歩いて探したりしました。なかなか売地としてでないエリアだったのでもうあきらめようかなと思っていましたがあきらめずに探し続けてよかったです。

資産価値が高い場所を購入したほうがお得

ズバリこの土地を購入してよかったです。ただ贅沢かもしれませんが4メートル道路のどんづまりではなく6メートル道路の大通りに面している売地のほうがよかったです。

ただ私たちが探している時にはそういう売地はなかったですし、6メートル道路の場合のほうが購入金額も高くなってしまうのでお金がそれほどない私たちにとっては今の場所がベストだったのかもしれません。

ただ利便性は最初からいい土地ということはわかっていたので、やっぱり利便性がいいことは便利で購入してよかったと思える点です。また近所の人も昔ながらの人ばかりの中に私たちは入ったのですが、いい人ばかりでしたので良かったです。

なかなか売地としてでたとしてもすぐに売れてしまうことを考えると将来、もし家を売りたいと思った時にすぐに売れるであろう場所なので資産価値が高いと考えています。土地を購入するならやっぱり資産価値が高い場所を購入したほうがお得だからです。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換