マンションよりも土地が資産になる一戸建てを選びました
こんにちは、管理人のサトウです。今回は東京で2LDKの戸建て住宅を購入された方の体験談です。

マンションよりも土地が資産になる一戸建てを選びました

私は東京都在住の35歳の主婦です。
結婚してから約3年間、主人と2人で賃貸の2LDKの新築アパートで暮らしていました。家賃は約10万円でしたが、昨年、子供が生まれたのを機に一戸建てのマイホームを購入しました。

子供が小さいうちは、壁に落書きをしたり、床に食べ物をこぼしたり、家の中で走り回ったりするのだろうなと思うと、賃貸物件では汚れや傷、下のうちへの足音などが気になってしまうだろうなと思い、踏み切りました。

購入した物件は約90平米の2LDKの戸建てです。共働きで、保育園に通わせることになるので、勤務先、保育園、小学校が徒歩圏内ということで物件を選びました。

東京三菱UFJ銀行のローンは土地と建物が別々でした

住宅ローンは主人と半分ずつ組み、どちらも東京三菱UFJ銀行で契約をしました。住宅ローンを東京三菱UFJ銀行に決めた理由は、一番金利が安かったからです。さらに、団体信用保険の手数料は銀行が負担してくれ、別途保険料がかかりませんでした。

他行は団信を申し込むと0.1%金利が上乗せになるところもありました。その他にも、女性向けの特典があり、出産後6ヶ月以内に申し出ると、申し込んでから1年間金利が年0.2%優遇されるというサービスもあるので、それを利用しています。

住宅ローンとなると金利だけでも結構な金額になるので助かります。ただ、他行では土地と建物を合算で1件の契約になるところを、東京三菱UFJは、土地分のローン、建物分のローンと2件に分けて契約をしないといけなかったので、契約にかかる手数料が2倍になってしまいました。それを含めても、トータルで見ると一番安かったです。

マンションだったら完済後もお金がかなり掛かる

それまで住宅の購入なんて考えていなかったので、賃貸じゃない家が欲しいと思ったときに、まずはじめに調べたのが、マンションにするか戸建てにするかです。調べた結果、将来的に見ると、同じくらいの物件を買っても、戸建ての方がコストは低いということ。マンションはローンを払うだけでなく、毎月の駐車場代や管理費、修繕積立金を住み続ける限り払っていかなければいけないということなどが分かりました。

戸建てでも、時期が来ればリフォームなどが必要にはなってきますが、それ以外には、コストがかからないし、ローンが終わってしまえば、建物には価値が残らなくても、土地には価値が付くことが多いということです。ライフスタイルはそれぞれなので、一概には戸建てがいいとは言えませんが、購入してよかったと思っています。

ハザードマップで安全な地域かどうかを確認しました

その他、購入前に調べたのが、その土地のハザードマップ。近くに山や川、海があるところは、土砂崩れや洪水、津波の心配がないかということ。また、以前に何があったのかも調べておいたほうが良いと思います。

例えば、田んぼを埋め立てたというところは、雨が降ると水はけが悪く、家の周りに水が溜まりやすいという話もありましたし、防空壕が沢山あった地区は、陥没してしまったという話もあります。気に入った土地があれば、天気がいい日だけでなく、雨が降っているときや、通勤の時間帯、帰りの時間帯にも足を運んでみて、環境を見てみるのがおすすめです。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

    ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

    固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

    三菱UFJ銀行


    三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、3年・10年固定金利が通常ローンよりも安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

    住宅ローン契約額は日本で第1位です。

    ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

    ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

    団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

    三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


    保障が充実の変動・10年固定住宅ローン 

    保障が充実した住宅ローンとして人気があるのがじぶん銀行の住宅ローンです。

    変動金利・10年固定金利が最低水準ガン保障が無料で付帯するのが特長です。

    じぶん銀行


    じぶん銀行の住宅ローンは、変動・10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、全国どこでも利用可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    最安のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

    フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

    フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料も安いのが特徴です。

    ARUHI(アルヒ)



    ARUHIはフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

    フラット35の金利が最安で、審査が非常に速い(最短当日)のがポイントです。

    保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

    借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

    35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

    金利が上昇傾向のため、選ぶ人が増えています。

    ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>三菱UFJ銀行の公式ページ(実質金利が安い/変動・3年・10年固定金利が最安水準)

>じぶん銀行の公式ページ(ガン保障無料/変動・10年固定の金利が最安水準)

>ARUHIの公式ページ(フラット35の最低金利)

地域別 金利比較ランキング

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。

★地域別 金利比較ランキング★

 
 
 
 

関連記事