分譲マンション購入
こんいちは管理人のサトウです。今回は公認会計士の方が住宅ローンを組んで新築の分譲マンションを購入された体験談です。

 

おすすめ住宅ローン■当サイト1番人気のおすすめ住宅ローン■

年間35万人が利用する当サイトで一番申込数が多い住宅ローンは、三菱UFJ銀行の住宅ローンです。

人気の理由は、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利まで低いこと。

支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借換にも対応)。

住宅ローン契約額は日本で第1位!、当サイト以外にも多くの人が利用しています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら

 

アパート代が高かったため、マンションを購入することに

28歳のとき東京都の駒込駅の近くにある新築分譲にマンションを購入しました。
角部屋ではあるのですが、3階で階が下の方でしたので、他の階の価格よりは安価でした。広さは約60㎡の2LDKです。もう少し広い間取りのマンションが良かったのですが、文京区で売り出していたマンションの相場が高かったことと、駅近の利便性を考え、少し妥協しました。

なぜマンションの購入に至ったかというと、もともと駒込駅の近くでアパートを借りていたのですが、家賃が高く、毎月12万円支払っていました。これは、3,500~4,000万円のマンションを購入するのと大差ないと前々から思っていましたので、「早々に買いたい」と、夫婦でよく話題になっていました。

私は専業主婦なのですが、夫が公認会計士なので、当時収入はそれなりにありました。それでも私たちはまだ20代だったこともあり、マンション購入までに1年の熟慮期間を要しました。
購入する際は、主人主導で話を進めてまいりました。

職業柄、ローンを組めるか不安に思っていました

ついてくださった担当の不動産会社の方が大変気さくで、話しやすい方でした。
どうしても購入する際に気になってしまうのか、「この年齢でローンを組めるのかどうか」でした。主人は同い年の28歳です。公認会計士といってもまだ3年目で、社会経験自体も3年目でした。

普通の会社員であれば、3年分などの複数年に渡る源泉徴収票が必要ですが、公認会計士の場合はそれが当てはまりませんでしたので、勤務していた年数だけの源泉徴収票で良いとのことでした。少々不安でしたが、4,000万円のローンの審査が全て通り、希望通りの銀行とローンの契約をすることができました。

引っ越し当時はできなかった内装に着手することを検討中

翌年マンションが完成し、年度末に引っ越しを終え、4月から住み始めました。ローンが通ったとはいえ、まだ仕事を始めて間もなかったため、引っ越しや最低限の家具や電化製品を購入しただけで貯金がかなり少ない状態になってしまいました。マンション購入の契約を進める際に行われるオプションの検討会のときは、引っ越しや生活品の購入のことを考えて、あまり付加することができませんでした。

引っ越しをして現在4年になるのですが、オプションで手掛けられなかった内装にそろそろ手をつけたいと思っています。まずはキッチンをオープンキッチンにしたいです。オープンキッチンにしなかったため、空間が狭く感じます。また、調理中は目の前が壁になっているため、とても寂しいです。しかし、入居当初に手がつけられなかった事がたくさんありました。時とともに本当に必要かどうかを考える時間が持てましたし、建てる前とは違って実際にモノを使用しながら想像することができますので、これからがとても楽しみです。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な変動・3年・10年固定住宅ローン 

金利面でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行の住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行の住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。
頭金が多い場合は、さらに金利が安くなります。

WEB申込で事務手数料(税込)2.2%→1.1%、保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBI銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利とフラット35の金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります。

もちろん、保証料、一部繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換


10秒!おすすめ住宅ローンをシミュレーション比較!

万円
金利毎月の返済額諸費用まで簡単に比較できます!

住宅ローンのおすすめ記事一覧 

【住宅ローン 都道府県別金融機関】

【住宅ローンの基礎知識】

【住宅ローンの疑問など】