建売住宅の購入
こんにちは管理人のサトウです。今回は建売住宅を購入された方の体験談です。

夢のマイホームだからやっぱり注文住宅がいい

子供の小学校入学前に、そろそろ家を買おうかということになりました。
時々ハウジングセンターに行ったことはありましたが、実際買おう!という気持ちになってからは家を見学に行ったことはなかったため、「建売?それとも注文住宅?」というところから始めました。「注文住宅で、木を使っているログハウス風の家がいいね」とだいたいの希望がまとまりました。

そこから土地探しに半年。条件付きでない土地はだいたい道路沿い、そして、住宅街にあるぽつんと余った場所ばかりでした。いい土地がなく、過ぎていく日々。その間、建売住宅も見学しました。建売住宅は立地が良くクロスや扉や細々としたところはすべて決まっていて、自分達で決めるところが証明やカーテンくらいで面白味はありませんが、子育てに忙しくしている私には魅力でもありました。でも、夢のマイホームだからやっぱり注文住宅がいいなということで、また月日が経っていきました。

一軒の建売住宅が気になっていると、住宅メーカーから連絡がありました

その中で一つだけ気になっていた建売住宅がありました。でも、注文住宅への夢をあきらめきれず、その家が売れたら縁がなかったことということだからと思い、とりあえず保留にしました。それから3か月経った頃、その家が広告に載らなくなり、売れたんだなぁと思っていました。それから、1か月経った頃、その気になっていた物件の住宅メーカーから、もう一度見て頂けませんか? との連絡がありました。まさかその家がまだ残っていたとは!! ルンルンしている私。これは運命に違いない!と思い、その家をもう一度見に行くことになりました。

様々な要件を確認後、購入に踏み切ることに

見に行くと、中は白が基調のシンプルな間取りで、私の理想にぴったりでした。そして、その住宅メーカーの営業マンのご対応は迅速かつ紳士的で、安心して購入できると確信しました。でも、一生の買い物ですから、慎重にひとつひとつ心配事を確認しました。

土地が建てる前はどのような土地だったか。そして、ご近所さんのご様子。どんな世代で、どんな層が住んでいるのか、土地のお祓いについて。それから、税金やローンの心配事などなど、たくさんの事を確認しました。その質問にどれも紳士に答えてくれる営業マンのお人柄に、安心して購入することができました。

また買う時はよくても、買った後の対応が悪い業者さんがあると聞きましたので、それを参考にアフター時のフォローの仕方を詳しく確認しました。面倒がらずに教えてくれた営業マンを本当に信頼することができました。マイホームを買ってみて、アパートから自分の家へ引っ越したらあまりにも広くて、家に慣れるまで半年かかりましたが、住めば住むほど愛着がわき、色々DIYをして楽しんでいます。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    また、期間限定で最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事