36387856_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は都内の利便性の高い立地のマンションを購入された方の体験談です。利便性を重要視して選んだマションが大正解だったそうですよ。

ママ友もみんなマイホームになってきた

28歳専業主婦です。妊娠して専業主婦になってからは友人のマイホームに遊びに行くことも多くなり、そろそろうちもマイホームをと、主人と話すようになりました。

ただマイホームといっても、一軒家にするのかマンションにするのか、場所はどこに、ローンはいくらくらい組めるものなのか等、考えることが沢山あり大変でした。

まず住宅展示場へ行き、一軒家について検討を重ねましたが、希望の土地を購入するにはかなりの費用がかかるとのこと。というのも私が田舎育ちなので、交通の便の悪いところに家を建てると歳を取り車に乗れなくなるころに非常に不便になるというのを目の当たりにしているので、駅から近く、歩いていける範囲にショッピングセンターがあるなど、土地にはかなりこだわりがあったのです。

立地を優先するなら やっぱりマンションです

土地の面で考えるとマンションの方が立地が良い場合が多く、新築マンションの広告を頻繁にチェックするようになりました。新築マンションについては、建設計画がたった時点で不動産会社のホームページに予告が発表されます。

間取りや外観、建設場所等、随時更新される情報をチェックすることで契約のスタートダッシュに遅れをとることはなくなります。契約順に部屋のタイプや階を選べるのでスタートダッシュに遅れると一生後悔することになるでしょう。

そうこうしてマンション情報に敏感になっていた頃、抜群の立地条件のマンションに出会いました。駅近、小中学校徒歩数分、主人の職場徒歩圏内、
道の向いに某ショッピング施設、大きな公園も徒歩圏内と、子育てから老後までの生活をシミュレーションできる最高の立地でした。

販売開始まで時間があったので、不動産屋に資料をもらい、建設業者やマンション建設実績、マンションの防音性や間取り、また間取りの変更可能域等を徹底的にチェックし、非常に満足のできる物件であると確信しました。

100平米超えの物件に大満足

特に、占有面積の広さには注目しており、100平米越えの物件が少なく物足りなさを感じていましたが、この物件に関してはそこもクリアしていました。不動産業者については特にこだわりはなかったものの、契約までの密なやり取りの中で信頼関係を築いていき、契約に至ったと考えます。

契約時にはさすがに緊張しましたが、ひとととおり済んでしまえばマンションの内装を決めていく過程が楽しくて仕方ありませんでした。床の色や壁紙、備え付けの家具にコンセントの位置まで指定できるとのことで、間取り図をみながらシュミレーションばかりしていました。

マンションの引き渡しの時は感無量

マンション引き渡し時は本当に感激しました。素敵な外観画像がそのままに再現され、内装についても申し分なく、購入した家具たちがシュミレーション通りに配置され夢にまで見たマイホームが現実となりました。

立地にこだわったことで、主人は毎日数分先の会社へ行き、子育てがスタートした私はヨチヨチの子供を連れてお散歩しつつショッピングや公園でのピクニックを楽しんでいます。春には子供とお弁当を持ち、歩いてお花見にも行きました。こうして理想通りのマイホームと共に理想通りの生活を送ることができて本当に幸せです。

マンション購入体験談まとめ

今回は理想のマンションを手に入れたかたの体験談でした。立地を優先して戸建てではなく、あえてマンションを選択した結果が成功の鍵だったようですね。子供を育てる環境も、ご主人の通勤も便利そうです。マンションはやはり利便性を重視して購入したいですね。

万が一にも転勤などで売却しなければならない時も、買い取り価格や査定額が高くなりますし、賃貸に回すににしても、利便性は非常に重要ですね。私もマンションを買う機会があったら、利便性を最重要視して購入を検討したいと思いました。

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換