h52583571_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は一戸建ての建売住宅を購入された方の体験談です。

子供がいるなら自宅は購入したほうがいいですね

私は36歳の女性会社員です。

今の自宅を購入するまでは、ずっと賃貸だったのですが、毎月毎月家賃を払い続けても自分の資産にはならないのがもったいないと感じていました。結婚する前から、1人ですめるマンションを買おうと考えているところ、付き合っている彼にプロポーズされたので、二人で家を探しはじめました。すぐに見つかる訳でもないと思ったので、とりあえず2人ですめる都内のマンションを借りて、同時にゆっくり家を探し始めました。

子供が走り回っても隣人に気を使わないで大丈夫

最初はマンションするか戸建にするか迷いましたが、お互い一軒家で育ち、将来子どもが走り回っても迷惑がかからないようなところにしようということで、戸建にすることしました。その後、中古にするか、新築にするかなど迷いましたが、なんとなく新築がいいね、という感じで話が進んでいました。

そんなころ、妊娠がわかったのとマンションの契約更新もあと半年ほどという時になりました。そろそろ買い時かもね、という話をして、いろいろと紹介してくれた担当の方にお話しして新築の物件の概要を送ってもらうようにお願いしました。

物件が決まるまではそんなに時間はかかりませんでした

決まるまではそんなに時間はかからず、もう済むエリアも予算も決まっていたので、一度下見に行ってその場で決めました。買った物件は新築分譲の戸建です。まだ立ち始める前で、まっさらな土地の状態で決めました。15戸販売されましたが、私たちが一番最初に一番日当たりの良いだろうと思われるところを買いました。

その後すぐに予約金を払い、オプションなどいろいろ決めてローンを組みました。手続きがいろいろ大変だったので、担当の方にはとてもお世話になりました。年代も同じくらいの方で、とても親身になっていろいろ相談にのっていただきました。

住宅ローンは固定金利を選びましたが変動が良かったかもしれません

ひとつローンで後悔していることは、金利がだいぶ低くなってきたら固定でいいんじゃないかという判断で固定にしてしまったことです。当時はどんどん金利が下がり、これ以上は下がらないんじゃないか、と判断してしまいました。これは失敗で変動にしておけばよかったですね。思いつく失敗点はそれだけです。でも結局、繰り上げ返済をしてるので後5年程で完済できる予定です。

子供がいるなら自宅は購入したほうがいいですね

家は結構大きな買い物で、慎重になりますが、買う時は勢いだと思います。住んでみてからまたいろいろと、こうすればよかった、ああすればよかった、と思うかもしれませんが、またそれは次に役立てればいいことだと思います。結婚している場合は、やはりマンションや戸建て、どちらでも購入した方が良いと思います。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応)


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


保障が充実の変動・10年固定住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利・10年固定金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応)

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動・10年固定金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応)



ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>三菱UFJ銀行の公式ページ(実質金利が安い/変動・3年・10年固定金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行(全疾病保障付で変動金利が最安水準)

>ARUHIの公式ページ(フラット35最安水準)


地域別 金利比較ランキング

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換