20036964_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は夢のマイホームを購入された方の体験談です。

賃貸より安く一戸建てが買えるとは

私は41歳のシステムエンジニアで兵庫県に住んでいます。
不動産を買おうと思った理由は、夢のマイホームを賃貸の家賃程度で購入できることが分かったためです。まず初めはマンションと一戸建てを検討することになりました。

マンションは勤務地と最寄りの駅から近いものが購入出来そうでしたが、一戸建ては勤務地から遠くなりますが、夢の一戸建てとなるため、どちらにするかとても迷いましたが、最終的には、注文住宅(1戸建て)を購入しました。

その物件を選んだ理由は、一言で言えばインスピレーションです。駅までの距離、新興住宅地であること。特に、古くからの人が多いような地域は避けました。周りは100件ほど新築で建っており、同世代も多く住んでいたことがとても気に入りました。

住宅ローンは三菱UFJ銀行を使いました

住宅ローンは三菱UFJ銀行で組みました。その他に検討したのは、三井住友、楽天銀行、SBIで、それぞれの銀行から資料を取り寄せました。

住宅ローンを選ぶときに苦労したポイントは、金利についてです。いろいろな本を見てもよく分かりませんでした。
特に、5年固定、3年固定と言われても、その年数がたった後にどうなるのかよく分かりませんでした。

具体的には、変動になるのは分かってたのですが、5年後の選択肢として、「さらに数年固定にする」「変動にする」「借り換えを検討する」といった選択肢があるのかなど、頭の中でイメージできませんでした。

ただ、ローン会社は住宅を購入するところと提携しているところが多いと思いますので、その提携しているところが一番安くなるかもしれません。

これから住宅ローンを組む人へのアドバイス

これから住宅ローンを組む人がいる場合は、会話をパソコンにメモすることは必須かと思います。契約面はもちろんのこと、そのとき行った質疑については、メモでいいので後からわかるようにすることが非常に重要だと思います。そのときわからなくても後から読むと分かるようになります。

例えば借り換えについてですが、当時は、「当社で借り換え(金利変更)を申し出てください」と言われましたが、その場ではピンと来ませんでした。しかし実際に借り換えするときには、同じ銀行で金利変更を行うことになりました。

そういった、小さな疑問は後からも疑問に思うので、必ず聞くこと、メモを取ること、そのメモをパソコンに保存して後から読み返すことができる状態にすること。をアドバイスしたいです。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、【購入体験談】賃貸より安く一戸建てが買える時代 ローンは三菱UFJ銀行での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    また、期間限定で最大10万円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(【購入体験談】賃貸より安く一戸建てが買える時代 ローンは三菱UFJ銀行での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事