h31105952_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は新築マンションを購入された方の体験談です。

将来のためにマンションを購入

私は30代の男性会社員で、愛知県 三河に住んでいます。昨年、消費税8%に増税後のタイミングで新築マンションを購入しました。

不動産を買おうと思った理由は、結婚後に、約2年間、名古屋市内の地下鉄沿線の駅近のアパートに住んでおりましたが、駐車場代含め家賃が10万円前後かかっていたためです。立地条件や住みやすさに不満はなかったのですが、今後の消費税増税に伴い、将来のお金の事について色々と考えるようになりました。

家賃くらいの金額で新築マンションが購入できる

そこで、現状支払っている家賃ぐらいでマイホームが持てるかどうか奥さんと話し合いはじめました。マイホームを購入するにあたって、奥さんと色々と話し合い、
優先したい事をお互いに言い合いました。

その結果、電車の駅から近い事、服の収納スペースが充実している事、部屋の壁面と建具の色合いが好みな事、洋室のみでフローリングである事(和室が好みではないため)、徒歩圏内にスーパーや銀行等がある事、リビングが南向きでベランダのスペースが広い事等の意見が出ました。

駅からの距離を再優先で検討

中でも、電車の駅から近い事が最優先事項であったため、一軒家ではなく、マンションに限定して約4ケ月間、週末にモデルルームを見に行きました。結果、該当する物件を見つける事ができ、今は家族ともども快適に暮らしております。

不動産業者に関しては、購入額は値がはりましたが、安心のために、大手デベロッパーを選択しました。最近、杭打ちの偽装問題など色々と世間をにぎわっておりましたが、私の選んだ業者は問題ないとの回答が不動産業者からすぐに届きました。

住宅ローンは10年固定で1%

また、住宅を購入する上で住宅ローンも組みましたのでそちらについて私の体験したことをお話しさせていただきます。最終的には私は10年の固定金利(当時1%)を選択しました。

将来のオリンピック開催も視野にいれると、金利は今よりも上がるのではないかとも考えましたが、一旦、10年は金利の動向を伺いながら再度検討していけたらと思いこの選択をしました。

住宅ローンの金利だけ考えると、先日、政府がマイナス金利を発動しましたので今は私の時よりも、より良い選択ができるのではないかと思います。
正直、何がベストな選択かはわかりせんが、これが私自身の体験談となります。  

実際マンションを購入してからの感想ですが、今のところ何の不自由もなく、家族ともども快適に暮らしております。今となって感じるのは、高い買い物をする前に
奥さんとじっくり話し合った点がよかったのかと思います。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換