新築の一戸建てですが鉄骨構造を選びました
こんにちは、管理人のサトウです。今回は三井住友銀行と日本住宅ローンでローンを組んだ方の体験談です。

新築の一戸建てですが鉄骨構造を選びました

はじめまして、私は現在38歳の男性会社員です。
今回は住宅ローンについて書かせて頂こうと思います。これから住宅を購入する事をお考えの方に少しでもご参考になれればと思います。

結婚当初はハイツで生活をしていたのですが、やはりマイホームを持ちたいという考えが強く8年程前に購入しました。地域は兵庫県です。

中古物件も考えたのですが後々の修理費用などの事も考え、やはり新築で購入しようと思いました。たくさんの住宅展示場を見学し、建売り物件も見てきました。最終的にとあるハウスメーカーに決めたのですが、理由としては鉄骨構造であった事です。木造より何となく鉄骨の方がよさそうだという個人的な考え方です。また、営業の方の人柄も良買ったは理由の一つです。

半分を三井住友銀行、もう半分を日本住宅ローンに決めました

住宅ローンについても詳しく説明してくれました。皆様ご存知のように住宅ローンには変動と固定の二種類あります。私の場合はローンを半々にして半分は三井住友銀行、もう半分を日本住宅ローンに決めました。

ローンを組むにあたり気をつけた点は、全て変動金利にすると毎月の支払金額にばらつきが出る可能性が高くなるという事、月々の金額が変われば家計が計算しにくいという点です。

私の場合、営業の方が全ての銀行の金利を調べてくれて一覧にして説明してくれましたので、さほど苦労はしませんでした。今思えばとてもよくしてもらえたと感謝しています。

マイホームを購入検討している方へのアドバイス

今からマイホームのご購入をご検討中の方に二つアドバイスがあります。
ローンを組むにあたり銀行は年収の7倍の金額までならローンを組む事ができます、と簡単に言ってくる可能性が高いです。私もそうでした。ですがそれは最大限に借りた場合なのです。もちろん生活に余裕がなくなりますので、最大の枠でローンを組む事はお奨めできません。

もう一つは少しでも金利の低い所を選びましょうということです。
当然これは長年たつと金利の見直しも考え、ローンを組んでいる銀行を変更していく事もできます。銀行も金利を低くすることで顧客を取り合う競争をしています。ですから、さらに金利を低くしてくる銀行も出てきます。

マイホームの購入は一生に一度の大きな買い物です。たくさんの物件を見ながらたくさんの話を聞いて、少しでも知識を増やしていく事が大切だと思います。

焦らずに数か月かかってでもご家族で納得のいくいい買い物をしてください。既にご検討中の方々、これからの購入をお考えの方々、夢のマイホームの実現を心より応援させて頂きます。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、【購入体験談】新築の一戸建てでの利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(【購入体験談】新築の一戸建てでの利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事