50220671_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は自宅マンションを売却して一戸建ての住宅を購入した方の体験談です。

夫の転勤で自宅マンションを賃貸にまわしていました

私は東海地方に住む49歳の専業主婦です。
結婚したときにマンションを購入しており、ずっと済む予定でしたが5年済んだ頃に転勤となりました。転勤期間中は地元の不動産屋に頼んで他の方に賃貸で住んでいただいていました。転勤の任期がはっきりせず、そのまま2年後にマンションの賃貸更新となりました。住んでいた方は、私達の家を気に入っていたようで次は2年ではなく3年住みたいとの事でした。いつ戻れるかわからず更新するか返却してもらうか夫と話しましたが、ローンもあったので3年更新しました。

子供が大きくなり元のマンションでも狭い状況になりました

その1年半後に帰任となり貸してあるマンションはうちの家族はまだ住めないので近くに小さなアパートの1室を借りました。家族4人で住むには狭すぎましたが1年半の我慢だと思って安い物件にしました。しかし子どもが友達を連れてきたりするようになり、先々の成長を思うと元のマンションでも狭いように思いました。そして、買い物のついでや用事の帰りなどに、自転車で売り地や建て売り住宅などを見に行くようになり、だんだんと戸建て購入に気持ちが動いて行きました。 

土地がようやく見つかった

土地は子どもの学区内で探していましたが土地はなかなか無く、平行して住宅メーカーの展示場に足を運ぶようになりました。すると住宅メーカーから、学区内に先祖代々住んでいるお宅が土地を売り出していることが分かりました。年老いた母親を60代の息子さんがお世話しているようなのですが、庭の手入れも不自由になり市内の新築マンションに引っ越すということで、土地を手放すとの紹介がありました。

その前にもいくつかの土地を案内してもらっていましたがピンとこなかったので決心できませんでしたが、その土地はなんとなくしっくりときていろいろな時間帯に何度か足を運び雰囲気や様子を確認しました。西高東低、北高南低の風水的にも良い土地で南向きで明るく学校や駅からも近く、我が家が家を建てたいと思う時期にこの土地が空くのはとても幸運に思えました。

実際2年前にこの辺で土地を探していた知人家族はどうしても空き土地が出ないので仕方なく隣の学区に家を建てました。夫のOKも出たのでその土地に決めました。ちょっと高かったのですが人生を通してみたときに頑張りがいのある土地のように思えました。 家は両親との同居の可能性など先々も考えて部屋数を確保しました。 

ろうきんの住宅ローンを組みました

使用した住宅ローンは労金です。理由は一番金利が良心的だったためです。 金利は他銀行などと比較検討しました。
消費税は必ず上がると思っていたので5%から8%に上がる2年程前に購入しました。ローンを借りる時は、持っていたマンションの残債を支払い、そのマンションを売却してマイホームの頭金にする事に苦労しました。というのは割とすぐに買い手がつく立地の良いマンションなのですが、思いのほか売れるのに時間がかかり、新しい土地と家の最初の支払い期限が迫ったことが大変でした。

不動産屋は地元に詳しく誠実なところが安心です。土地は値切られる事を考えて高く表示しているので、多少値切っても良いかと思いますが不動産屋への報酬は気持ちよく支払うのがよいと思います。後々またお世話になるかもしれません。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換