2230086_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は土地をご両親から譲って頂いた方の自宅購入体験談です。

土地を両親に譲ってもらったので建物にお金をかけました

私は歯科助手をしている30歳の女性です。埼玉県に住んでいます。

結婚をしてから、ずっとアパートに住んでいましたが、子どもが二人出来て、子どもが産まれてからはアパートで暮らすのも狭いなぁと思っていました。

また、どうせ家賃を払っているのなら、マイホームを建てて住んだ方が良いなぁと思い、26歳の時に夢のマイホームを建てました。

土地は私の親の土地を譲ってもらったため、お金は家にかかる分だけで済みました。土地代がかからないため、建物にはお金をかけて満足のいく家を作ることができました。

38坪の二階建てで、子ども部屋は二つ作り、収納が多い家にしました。庭も作れるほどの土地があったので、余裕を持って家づくりが出来ました。やはりマイホームを作るなら庭があった方がいいなぁと思います。

住宅ローンは分からないことだらけで不安

建物を建てるために住宅ローンを組むことになったのですが、家を建てることも初めてですし、住宅ローンを組むことももちろん初めてなので、わからないことが多くて不安でした。

ですが、地元で有名の銀行で住宅ローンを組んだので安心感もありました。ずっとその銀行を使っていたので、スムーズにローンを組むことができて良かったと思いました。

自分達のライフプランを考えてローンと向き合いました

住宅ローンを組む時には、金利を気にしました。結局どのくらいの金額を払わないといけないのかとか、自分のライフプランも考えた上で、ちゃんと払っていけるかをちゃんと考えました。

35年ローンを組むと、ローンを払い終わるときには61歳になりますし、そのときまでローンをずっと払っていくということを考えたときに、出来るだけ繰り上げ返済もしていかないといけないなと思いました。

繰り上げ返済は早い段階でどんどんしていったほうがお得だと教えてもらったので、お金に余裕があったときには繰り上げ返済も積極的にしていこうと思いました。

ボーナス払いはしない もらえなくなる日が来るかもしれませんから

私も旦那も今はボーナスがもらえていますが、ボーナス返済はしないことにしました。いつボーナスがもらえなくなるかわかりませんし、先々のことまでちゃんと考えて住宅ローンを組んだ方がいいなぁと思ったからです。

住宅ローンは収入によっても限度額が変わってきますし、年齢が高くなってしまうと住宅ローンすら組めなくなってしまうこともあります。自分のライフプランを見直した上で、どのくらいの予算でマイホームを建てるのか、どのくらいの年齢で住宅ローンを完済したいのかをちゃんと頭に置いて、住宅ローンと向き合っていく必用があると思いました。

自宅購入体験談まとめ

今回は両親から譲ってもらった土地に自宅を建築された方の体験談でした。自分たちのライフプランを考えて、住宅ローンの繰り上げ返済を積極的に行おうという方針はとても良い考えだと思います。

住宅ローンの支払いというのは、最初のうちは利子の割合が多いので、繰り上げ返済を行うなら早い段階で行うほうが、トータルの金利を大きく減らすことができます。

無理の無い返済をしつつ、余裕のある資金が溜まった時には繰り上げ返済を行っていくというのがバランスの良い住宅ローンの返済方法だと思います。

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


保障が充実の変動・10年固定住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利・10年固定金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動・10年固定金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 



ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>三菱UFJ銀行の公式ページ(実質金利が安い/変動・3年・10年固定金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行(全疾病保障付で変動金利が最安水準)

>ARUHIの公式ページ(フラット35最安水準)


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換