【購入体験談】新築住宅より土地の価値が大事・中古物件購入しました
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、築15年の中古住宅を購入された方の体験談です。新築一戸建てより土地の価値が高い場所を選んだ方が、万が一手放す可能性が出た時でも買い手がつくという考えのようですね。駅近、日当たり抜群の物件が見つかり快適に暮らせそうですね。

築15年の4LDKの中古一戸建て住宅を購入

愛知県に住む38歳の専業主婦です。夫は同い年の38歳で中小企業の会社員です。決して収入は多いとは言えない年収400万円台の世帯です。

1年前に築15年の4LDKの中古一戸建て住宅を購入しました。

購入のきっかけは子どもの誕生です。それ以前は賃貸アパートに夫婦で10年間住んでいました。

他人から見たら10年も賃貸に住むなんて家賃がもったいない、と思われることが多いですが、マイホームと言うと、「家族で住む」というイメージが強く、夫婦2人の間はなかなか欲しいとも思わなかったですし、欲しい家のイメージが全く沸きませんでした。

でも子どもが産まれると、家に対するイメージが沸いていくと同時に、子どもに何か財産になるものを残してあげたい、と思ったり、周りのママ友も持ち家志向が多い為、感化されたのも大きなきっかけとなりました。

土地が大事!と言う夫・土地の価値が高い場所を選び、中古住宅を選びました

探し始めた当初は、土地を購入し、ハウスメーカーを選んで注文住宅を建てることが希望でした。
と言うよりも、それが当たり前だと感じていました。なぜならば、周りのママ友はそんな人ばかりだったからです。

でも、話を進めていくうちに、希望する尾張旭市内で、駅から徒歩10分の距離で、南道路の日当たりの良い土地を探してみると、予算は跳ね上がりました。
そして、有名ハウスメーカーを選べばさらに予算は跳ね上がります。

本当にこの価格の家を建てて、私達家族は生活していけるのだろうか。
一生に一度の買い物になるかもしれないから、妥協はしたくない、とはいうものの人生は家だけがすべてではありません。

そして、私と違い夫は家自体に興味はなく、土地が大事、という考え方でした。
家はたとえ新築であったとしても住んだ瞬間から価値が下がっていく。

それよりも、土地の価値が高い場所を選んだ方が、万が一手放す可能性が出た時でも買い手がつくはずだ、と言ったのです。

駅近・日当た抜群・無理なく手が届く価格で快適に暮らしています

そこで、考え方を変え、建売住宅や中古住宅も視野に入れて探し始めたのでした。そして決めたのが現在の我が家です。

中古住宅でしたが、私達家族が無理なく手が届く価格でしたし、土地も駅から徒歩10分・南道路で日当たり抜群です。
広さも50坪あり、申し分ない広さです。

築15年とは言え、そのまま住めるほどのきれいさで、これならば決めても大丈夫と思い、大手の不動産会社が取扱いしていたことも後押しの理由となり、決めたのでした。

購入にあたって、中古という点はひっかかりましたが、自分達にとって何が大切なのか、何を優先するべきなのかをよく考えて、それで中古でもいいと決断しました。
住んでみて1年経ちましたが、確かに新築と違って便利さに欠けるとは思いますが、それでも住めば都で快適に住むことができていると思っています。

(体験談は以上です)


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事