【住宅購入体験談】条件はすべて満たし、コストパフォーマンスもいい家を購入
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は、住宅購入された方の体験談です。周りの環境や子供の就学先、施工や設備など家族が住みやすく自分に合った住宅を選ぶといいですね。

子供に自分の部屋をあげたくて、マイホーム購入を決意

私は、関東在住の購入時は32歳の主婦です。

マイホーム購入について家を買おうと思った理由は、子供が自分の部屋を欲しがったのが大きな理由です。自分の実家で同居していたこともあり、なかなか部屋数が足りないことから部屋をあげれずいました。

同居もギクシャクとうまくいかなくなってきた時でもあり、マイホーム購入を決意しました。

購入したのは、建売、新築、4LDKで駐車場が2台分ついた、見た感じはどこにでもあるような建坪31坪の一軒家です。

子供たちの転校を避けるため学区内であることが一番の条件でしたから、学区内にある数件の中から選ぶ形でした。

更に実家にも近ければ尚いいといった感じで探したところ、間取りの条件はほぼ理想的、実家にも近い、学区内という好条件で見つけることが出来ました。

仲介手数料ゼロの仲介業者に依頼

家の条件としては、LDK16畳以上、畳の部屋は欲しくないこと、今流行りの家事導線型のリビング抜けてからの洗面所・風呂ではなく、玄関→廊下→洗面所→風呂という形になっていること、

リビング横に一部屋あり将来一階のみで生活できること、各部屋6畳以上、各階にトイレ、ビルトイン食洗器があること、流行りの最新設備は維持費が怖いのでいらない(床暖房やエコキュート、ソーラーパネルなど)、震災を考えプロパンガスと電気の併用、などでしょうか。

結構リアルに色々考えて、何度も生活を頭の中でシミュレーションして考えましたが、我が家のためにつくったの?と思えるほど理想的なお家で、あっという間に契約まで話が進みました。

建物には色々な仲介業者が入っていたのですが少しでも金額を抑えたく、とりあえず仲介手数料0円をうたっている仲介業者で頼みました。施工会社はすぐに教えていただきどこが施工した建物かもすぐに分かりました。

素人レベルでチェックできるところはしっかり確認

どんな情報を集めても建売はやめておきましょう。欠陥だらけ、いい加減、というような情報が多いのが建売です。ですのでとにかく色々情報を見て、床下や天井裏、ユニットバス裏など見れるところは全部見ました。基礎部分も何度もチェックし、家中の傾きとか素人レベルでできることは大体やってみました。

幸い購入が早く基礎のみでの購入でしたので構造はしっかりみることはできました。完全にできてしまった建物よりは安心かなと思います。

気に入って購入し入居後1年半経ちました。色々不安もありましたが、特に目立った欠陥などはなく想像よりも快適に過ごせております。

内装なども丁寧に施工されており、壁紙に亀裂が入ったり、破れたりなどもなく、何度も想像して間取りの快適さを確かめたおかげか、住んでからの違和感や使いにくいと思う部分がほとんどありません。正直今後注文住宅を考える機会があるとしても、今の家を基準に考えたいくらいです。

お値段などのコストパフォーマンスを考えても我が家には最高の一軒だったと思います。家族5人で幸せに過ごせる場所がある。何よりも幸せだと思います。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換