15422060_l
今回は、アメリカのカリフォルニア州で自宅を購入した方の体験談です。日本と違い、アメリカなどの諸外国では、住む地域の学区によって、学校のレベルなどが大きく異なるようです。

一番苦労したポイントも学区なのだそうですよ。お国が違えば文化も制度も随分とちがうものなんですね。

アメリカのカリフォルニア州での自宅購入

私は33歳の専業主婦のです。家を購入したのは今から3年前の30歳の時でした。自宅を購入した場所は、日本国内ではなく、アメリカのカリフォルニア州で購入しました。

なぜ新築一戸建てを買おうと思ったかというと、元々、私も主人も、ほとんどアパートやマンションに住んだことはなく、お互いの夢がマイホーム、しかも新築一戸建てを持つということだったので、結婚してすぐから家探しをしていました。

さらには、将来、日本に住む事や主人の国に住むかもしれないということも考えて、投資目的の意味でも、購入時点で最新の家を購入するというのが目標でした。

夫婦で気に入る家はそれほど多くない

その目的をかなえるべく、購入した物件は新築一戸建てです。
間取りは5LDKで、フロントヤードとバックヤードがあり、ガレージには2台の車が収納できるようになっています。

この物件を選んだ理由というのは、夫婦で家探しをしているという方にはよくわかると思いますが、意外と2人が欲しいと思う家は一致しません。

私達もこの家に出会うまではそうだったのですが、この家は、お互いに「欲しい」という気持ちがマッチしました。

外国では学区によって学校のレベルが大きく違う

ローン審査もスムーズに通ったこと、そして、学区のレベルが問題なかったことです。
日本はどの地域も等しい教育が受けられますが、多くの国では学区によってレベルが異なります。そのレベルがほとんど問題なかったことからこの家を購入しようと決めました。

また、仲介に不動産業者をここでも選んだのですが、これは色々な家を見に行った際に、出会った不動産業者の人が私達にずっとコンタクトをとってくれたので、その人に自然と仲介を頼むようになったといういきさつがあります。

気を付けたのは学区の問題

家を購入する際に気を付けたことは、学区の問題です。先述した通り地域によって学校のレベルが異なるので、よい地域に購入しようというのは頭にありました。
また、お互いが納得する家を購入しようと思っていました。

苦労したことは、なかなか希望の家が見つからなかったことと、みつかってもオファーが通らなかったりと、日本では考えられないようなことに遭遇した点です。

自然もあるけど住みやすい場所に満足です

結果、今の家を購入して、満足しています
というのも、中心地からは離れているので、適度な自然がありますし、ごみごみしていないけれども、ちゃんとスーパーやモールなどはあるので、問題なく生活することができます

家自体も大きくて、のびのびしているので、子供たちにとってもスペースがありますから、遊びやすい家だと思います。

自宅購入のポイント

今回はアメリカでの住宅購入のポイントについて大変参考になりました。子供のいる方にとっては、学区の重要性が大切なのが分かります。アメリカは車社会ですので、少々郊外の場所でも、スーパーなどもそろっており、車があれば快適に過ごせるようですね。

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換