【購入体験談】一戸建てから管理の楽なマンションへ買い換えました
こんにちは、管理人のサトウです。今回は一戸建てを売却してマンションを購入された方の体験談です。慎重に物件選びをしたようですが、住んでみると隣人トラブルでちょっと大変そうです。

一戸建てから管理の楽なマンションへ買い換えました

私は44歳の女性で、パート社員をしています。
マンションを購入した理由は、その当時住んでいた戸建の家にひどい劣化があったためです。立て直すこともできたのですが、その場所に継続して住むつもりがなかったため、管理の楽なマンションへ住み替えたかったことが一番の理由です。

購入したのは中古マンションで、角部屋の最上階で、テラスがついています。

このマンションを選んだ理由

その物件を選んだ理由は、戸建に長年住んでおり、造りが昔のものでしたので、その不便さとメンテナンスの大変さが身に沁みていたからです。

マンションなら掃除やメンテナンスが簡単だということと防犯や地震対策としてもマンションのほうが有利ではないかとの考えました。しかし、狭さと風通しなどが気になっていたので、角部屋で日当たりが良く、なるべくなら最上階の物件を探しました。購入した物件は東南角部屋のベランダが真南を向いていて、日当たり良好で風通しもかなり良い物件でした。

物件はインターネットで探しました

不動産業者や物件は主にインターネットで探しました。その時見ていていいと思った物件を載せていた業者がその物件から比較的近い位置にあったところだったので、その周辺環境等を良く知っているのではないかとの考えから、そのままその業者と連絡を取りました。

また、実際に物件の案内をしていただいた営業さんの感じや話をしていて、いい加減な業者ではないだろうとの判断もありましたし、その物件を不動産業者が買取していたので、仲介料などの支払いがなくてもよかった点も大きかったです。

不動産業者選びのポイント

業者を選ぶときは、まずは業者がいい加減でないかどうかの見極めは気を付けました。また、自分たちの条件のハードルが高いため、なかなか見てもいいと思う物件に当たるまでかなりの数を見なければならず、ネット上でも見て判断するのに非常に時間がかかりました。見てピックアップし、業者に連絡して現地閲覧だけでも時間がかかりました。

物件購入時に気をつけるポイント

内覧の際、部屋の間取りや日当たり、前に住んでいた人がきちんと使っていたかどうか、また、定期借地権などの余計な条件がついていないかなどをチェックしました。

隣人の騒音に悩まされて引っ越しを考えています、、、

実際に住んで見て分かったことは、隣人がどんな人間かわからないということです。今現在、騒音に悩まされていまして、再びの引っ越しを考えています。他にも住んで分かったことはこの物件の施工のずさんさと、管理組合がしっかりしていないことです。一番事前情報が困難な人間関係に悩まされている次第です。

(体験談は以上です)


関連記事