11481412_l
今回は、老後のためになるべく資産価値の高いマンションを探して購入された方の物件購入体験談です。不動産価格の上昇するなかで、素早い判断を行ったことがポイントの事例です。

どっち? 一生賃貸 vs マンション購入

結婚して20年以上たつ私たち夫婦は、東海3県エリア内ですが夫の転勤もあり、ずっと賃貸暮らしをしてきました。

しかし会社からの家賃補助も打ち切りになり、この先の住まいをこのまま賃貸にするか、それとも住宅購入に踏み切るか、悩みどころとなってきました。

会社員の夫は60歳の定年に差し掛かり、現在専業主婦の私は既に51歳と、これからの収入はかなり厳しいものです。

そのため老後の生活設計なども考えると、いざというときにも身軽に動ける賃貸か、物件によっては賃貸よりも最終的にコストが抑えられそうな購入をするか、難しいところでした。

やっぱり自宅を購入したい!

正直なところ私はどちらでもありだと思っていましたが、結局マンション購入への道を進んだのは、夫がマイホーム購入に強くこだわったためです。

しかしいざ物件を探し始めたものの、私たちの希望に見合う物件はなかなか見つからず、2年近く経過してしまいました。

将来売却に困らない物件を探し続けました

子どもがいない私たち夫婦は、将来的に施設などへの入居の際には売却に困らないような物件を探していました。

また、先にも述べたようにこの先の収入は見込めないため、良さそうな物件があっても資金的に無理することはできません。

そうこうしているうちにだんだん不動産価格も上昇し始めているようで、もう購入は無理なのではと絶望的な気持ちにもなりました。

ついに出会えた 満足のいく物件

そんなとき、たまたまかねてより気に入っていたマンションのひと部屋が、売りに出されているのを発見しました。

実はそのマンションの別の部屋を、以前に下見したことがあったのです。その時の部屋は予算的にもオーバーで条件にそぐわなかったのですが、マンション自体はこういうところだったらいいなと強く印象に残っていました。

つまり、立地的にも駅近のクオリティの高いマンションで築10年程度と、予算の許す範囲でできるだけ資産価値の高い物件にこだわってきた私たちのニーズを満たしてくれるものでした。

その物件はマンション新築時の販売会社の系列である不動産業者が仲介していたので、直接そこに連絡をとりました。

すぐに下見して申し込みはあっというまでした

既に下見希望者がいるようでしたが、さんざん物件探しに苦労してきた私は、ここでのんびりしていたら先を越されてしまうと早急に下見希望をとりつけたおかげで、無事購入に至ることができました。

そもそも慎重派の私は、希望物件を見つけてすぐに購入申込みなどとても無理と思っていましたが、今回ばかりはその点に気をつけて行動しました。

いざ住んでみてわかったのは、物件の資産価値を優先して選んだため、他には目をつぶった点もありそれは想定内でしたが、なんと上階の音が気になる点です。

こればかりは住み始めてからでないとわかりませんでしたが、小さい子どもの足音などなのでずっと続くものではないと割りきっています。

今回の購入体験談のポイント

今回は、老後の住居としてマンションを購入された夫婦の体験談でした。やっぱり、自宅の購入というのは、タイミングや縁というのも重要な要素みたいですね。今回のポイントは

1.確実に売却できる資産価値の高い物件を狙う
2.予算は無理しない
3.できるだけ早い決断をする

ということでしょうか。どれが欠けてもバランスの良い人生を送ることができなくなりますね。売れない物件を買えば、将来困ります。予算を無理して支払いが滞れば、自宅を手放さなければなりません。素早い決断をしなければ、他の人に買われてしまうかもしれません。

住宅を購入するものいろいろと考えておかなければいけませんね。私も参考にさせていただきたいと思います。

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換