こんにちは、管理人のサトウです。

kんかいは不動産購入の体験談です。

初めての不動産購入は26歳

私が初めて不動産を購入したのは26歳の時です。

大学を卒業して、男性と同じ条件の総合職として働き始めて5年ほど経った頃、それまでは新宿区で賃貸マンションに住んで、仕事に通っていました。

賃貸マンションは2年毎の更新です。

仕事にプライベートに楽しくも忙しい毎日を送っていたら、あっという間に、賃貸契約の更新がもう3回目を迎えようとしていたのです。

不動産を購入しようとは、自分自身では夢にも思っていませんでした。

なぜなら、実家から出て賃貸に住んで仕事へ通っていたのは、通勤が少し遠くて、体力的にとても大変だったからという理由であり、いつかはきっと結婚するから、引越しはその時に、と思っていたからです。

独身時代の一人暮らしは、あくまでも仮住まいという感覚だったのです。

でも、両親のすすめで、自分の財産になる不動産を購入したらということで、気持ちが動いたのです。

賃貸の家賃と更新は何年もばかにならないし、自分の財産になっていきません。

でも、不動産を購入すると、なんだか一人暮らしに縛られてしまうような気もして、結婚が遠のくような気もしました。

両親に相談すると、だからこそ、売却しやすい良い条件の不動産を買っておけばよい、というアドバイスでした。

確かにそうですし、都心の良い条件の不動産だったら、売却も、賃貸に出すことも選択肢はあると思いました。

決めたのは、山手線が最寄駅の新宿区の2DK新築マンション

駅から徒歩7分くらいというアクセスの良さと、住宅地の界隈にある低層新築マンションを購入しました。

この物件を選んだのは、山手線からすぐというアクセスの良さと、落ち着いた住宅街にあることがとても気に入り、生活しやすい環境と、仕事で飛び回るのも、夜遅くなってもどこの繁華街からでもタクシーですぐという場所にあることです。

それにしては価格も手頃だったのですが、それはやはり、そんなに広い間取りではなかったからということもありますが、一人暮らしには本当に充分の設備と広さですし、オートロックなどもしっかりと完備した、大手会社のマンションです。

CMでよく目にする大手不動産業者を信頼し、決断することに

この不動産業者を選んだのは、CMでもよく目にするし、大手なので、しっかりとした管理会社もついているし、信頼が持てそうと思ったからです。

もちろん現在は不動産業者や施工会社に対して、たくさんの問題物件が浮上しています。

杭の数など、素人にはとうてい、判断することはできません。

ですから、大手会社だということでまず、信頼するしかありません。

いざ購入する時には、売却や賃貸に出す将来を考えて、その条件が良いかどうかは気を付けました。

やはり都心のアクセスが良いところは、決断ポイントでした。

住宅ローンに関しては、会社勤めをしていたので、ローンはすぐに通り、感謝です。

35年ローンを組みましたが、計画的にやっていけば、独身でも会社を辞めない限り、返済は可能です。

でも、会社を辞める事情となったら…とも考えましたが、その時こそ、適切な価格での売却や、賃貸でも良い賃料で貸すことができる好立地ということが、心強く、購入がきました。

気に入ったマンションの生活は、仕事のモチベーションへつながる

新築マンションなので、住み始めるととても生活が潤いますし、その住宅ローンの返済も、気に入ったマンションでの生活のためですから、仕事のやる気へとつながりました。

賃貸の賃料を払うのも、もちろん生活のためですが、自分で購入したマンションのローンを払うことは、着実に自分の財産になっていることを実感できます。

購入した新築マンションは、ファミリータイプでした。

その時は、マンションの立地条件や不動産会社に対してのチェックは怠りませんでしたが、デザイン的にはほとんどこだわっていませんでした。

設備は最新ですが、デザインはけっこう落ち着いたファミリータイプです。

もっと自分の好みのデザインのマンションを探してもよかったのかな、とも後になって考えましたが、でも立地には変えられないなとも思い、おおよそ満足しました。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンなどの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、変動・10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、全国どこでも利用可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    ARUHI(アルヒ)



    ARUHIはフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

    フラット35の金利が最安で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

    保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

    借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

    35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

    最近は金利が上昇してきているため、選ぶ人が増えています。

    ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低く、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。


    三菱UFJ銀行

    三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、3年・10年固定金利が通常ローンよりも安く、さらに固定期間終了後の金利も低いのが特徴です。

    住宅ローン契約額は日本で第1位です。

    ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

    繰り上げ返済手数料は無料となっています。

    三菱UFJ銀行の公式ページはこちら



住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>三菱UFJ銀行の公式ページはこちら(3年・10年固定金利が最安水準)

>じぶん銀行(10年固定の金利が最安)

>ARUHI/アルヒ(フラット35の最低金利)

地域別 金利比較ランキング

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。

★地域別 金利比較ランキング★

 
 
 
 

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【任意売却の基礎知識】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事