h12209402_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は東邦銀行で住宅ローンを組んで自宅を購入された方の体験談です。

家賃を掛け捨てにするぐらいなら後で資産となるマイホームを購入したほうがいいい

私は栃木在住の会社員男性(30歳)です。
昨年まで家賃5万円の2DKアパートに住んでいましたが、1歳になる娘が歩き始めたので手狭になったアパートから引っ越しを検討しました。
そこでどうせ家賃を掛け捨てにするぐらいなら後で資産となるマイホームの購入を視野に入れて検討を進めました。

特別デザインなどのこだわりはなかったので、注文住宅よりも価格が抑えられる建て売り住宅に絞ってマイホーム探しを行いました。
購入を決めたマイホームは4LDKで建坪が35坪、敷地面積が90坪の物件で徒歩1Km圏内に小学校と中学校があるので、子どもが成長したときに利便性が良いことから購入を決めました。

マイホームを決める上で重視したことは、やはり価格面です

アパート時代の家賃5万円/月と車のローン25,000円/月(住宅ローンにとりまとめ)、その他光熱費を含めて月々の支払いがアパート時代と同等になったため立地条件と合わせて購入を決めました。

住宅ローンは栃木銀行、足利銀行、東邦銀行の中から東邦銀行を選びました

住宅ローンを組むに当たってはハウスメーカーと提携している以下3つの銀行(栃木銀行、足利銀行、東邦銀行)にて審査を行いました。
私はこのとき別に車のローンを組んでいたため、住宅ローンを組む上では、車のローンがとりまとめできる事を条件にしていました。
栃木銀行、足利銀行に関しては金利は低かったものの融資条件に車のローンの完済という条件があったため、この2銀行はあきらめました。残りの東邦銀行では、車のローンのとりまとめが可能だったため今回の住宅ローンは東邦銀行へ決めました。

友人/知人へ住宅ローンのアドバイスをアドバイスをするなら

私の場合、住宅ローンを決める上では車のローンとのとりまとめが必須条件であったため、金利については他2行よりも固定金利/変動金利ともに高くなりましたが、融資条件として不利になる事柄(他のローンがあるなど)は可能であれば前もって完済して、少しでも金利が安い銀行へ申し込みできるように準備しておくことをオススメします。他には繰り上げ返済時の手数料や借り換え時の手数料についても比較すべきとアドバイスします。

また、今回のマイホーム購入から住宅ローンを組んだことで年末の住宅ローン控除について詳しく知ることが出来たため、予算に余裕があれば頭金を低く設定し住宅ローンの融資額を多くすることで、控除額の枠が拡大し年末の所得税の還付が多く受けられるようになる。控除が受けられる10年間は繰り上げ返済をせず、控除期間が終了したあとでまとめて繰り上げ返済を行えば控除額を有効に利用できるとアドバイスします。

(体験談は以上です)


関連記事