10年固定金利でマンションを購入
こんにちは管理人のサトウです。今回は10年固定金利の住宅ローンでマンションを購入された方の体験談です。固定金利と変動金利の選択で悩まれたようです。

不動産価値の下がらない立地のマンションを購入した私

私は女性で、28歳会社員、東京都在住です。今年主人との名義でマイホームを購入いたしました。
広さは1LDK+S・50平米と少し狭い物件ですが、目黒区の分譲マンションの1階です。選んだ理由は、今後不動産価値の下落が激しくないと思われる立地であった事、新築であった事、内見をして設備や立地、値段等バランスのいい物件だと感じた事です。

マイホーム購入にあたり様々な銀行の住宅ローンを検討し、結果、「三井住友信託銀行の10年間固定金利」を選択しました。変動金利、一定期間固定金利、フラット35等銀行により様々な種類があり金利も異なるため、住宅ローンを選ぶのが一番苦労しました。銀行により保証料や優遇金利もかなり異なるので、時間をかけてなるべくたくさんの銀行へ相談に行ったりシュミレーションをしてもらい、今後の返済プランに沿って検討した方がよいと思います。

変動より金利が低かった10年固定金利

変動金利や一定期間の固定金利だと、今後金利が急激に上昇した場合はどうなるのだろうと不安があり、全期間一定して固定金利である30年固定やフラット35等の方が将来的にも安心なので最後まで悩みました。

ですがいくら考えても10年後、20年後の社会状況は予測する事ができないので、低金利時代と言われる現代だからこそ、できるだけ金利が低いプランの方が良いと思い、最終的には10年固定型を選択しました。変動金利が一番低いだろうと思い変動金利を選択する方が多いようですが、実際私が選んだ10年固定金利は変動金利よりも低い金利でした。

固定金利の期間に、繰り上げ返済する方法がお勧め

知り合いに不動産購入のアドバイスをするとしたら、私は立地や住宅の設備を最優先した方が良いと勧めます。不動産は時間と共にどんどん価値が下落していくものですが、立地によっては今後価値が下がらない事や価値が上がる可能性もあると思います。一生住み続けるならばどこでも良いと思うのですが、売却や賃貸を視野に入れているならば、今後発展しそうな場所を狙い、最寄駅から徒歩10分圏内の物件を購入するのが良いと思います。10分を超えてしまうと賃貸は難しくなります。

住宅ローンについては、今後金利が上昇しても対応できる経済力があるのであれば変動金利も良いと思いますが、若干不安だなと思う方は私のように一定期間固定金利(3年、5年、15年等もあります)、「元利均等返済」ではなく「元金均等返済」を選択し、金利が固定である間になるべく繰り上げ返済で元金を減らす、というのが一番良いのではないかと思います。いずれにしても住宅ローンは一つの銀行を見ただけでは決められないので、たくさん情報を収集してから決めた方がいいと思います。

(体験談は以上です)


関連記事