【購入体験談】縁ですね 突然マイホームを衝動買いしてしまいました
こんにちは、管理人のサトウです。今回は思わず自宅を衝動買いしてしまったかたの、自宅購入体験談です。これほど大きな衝動買いは一生に一度しかないでしょうが、意外と自宅を衝動買いしてしまう人って多いのではないでしょうか。

自宅を購入するような大きな変化は、体験談の中でも述べられていますが、さまざまな縁に支えられているようですよ。

ちなみに、私もずっと賃貸住宅で良いと思っていたのですが、いつの間にか自宅を購入していた部類です。

はじめは自宅を購入するなんて考えていなかったんです

私は兵庫県在住の33歳男性のサラリーマンです。結婚して子供が二人おります。

当時は自宅の購入は考えておらず、子供も大きくなったので、大きめの賃貸物件への引っ越しを考えていました。

そんな折、たまたま見たチラシが新築一戸建ての内覧会の案内で妻に「行ってみない?」と誘われて行ったことが最初のきっけかでした。

私は購入する気がなかったので妻へ「見るだけならいいよ」と言い、内覧会へいきました。

新築一戸建てを見てしまったら賃貸には戻れない、、、

やはり実際に行ってみると新築一戸建ては広くて住み心地がよさそうで好印象を抱きました。

しかし、その物件はすでに第一申込者がいたため、不動産会社の担当者から別の物件を紹介されたため、今後の勉強のためにその別物件を見に行くことにしました。

妻と子供たちのまぶしい笑顔を妄想し、思わず買ってしまいました

その別物件を見に行った日、よほど気に入ったのでしょう。妻はとても興奮しており、久しぶりに子どものように目を輝かして各部屋を見ていました。

一通り部屋を見た後に不動産会社の担当者から説明があり、購入を促されたのですが、その際に突然「妻と子供の笑顔」が私の頭の中に浮かんだため、少し悩んだ後、あまりにも衝動的でありましたが支払できない金額ではなかったので申し込みをすることにしました。

やはり不動産は縁なんですね

購入した物件は、3階建ての新築一戸建てで間取りは4LDKでした。この物件は、南向きで日差しが各部屋にしっかりと差し込み”暖かいイメージ”がありました。また、各部屋に一つ以上の収納スペースが沢山あり、床暖房やカワックなど、機能性も高く駐車スペースも2台分確保されていたため購入に至りました。

不動産業者とは「縁」だと思っているので、特段どこが良くて悪いという基準はありません。しかし、ファーストインプレッションや説明時の態度をみて購入するかどうかの基準はあります。今回担当してくれた方は、印象も良く、説明も丁寧でした。

物件には妥協がつきもの、バランスをとってベターな選択を

私は衝動的に物件を購入したのですが、それまでに賃貸も含めて多くの物件を見ました。

正直、何かを得ようとしたら何かを失うことが多く、物件選びは常に「妥協」がつきものなのだと思っています。

私は多少のことなら気にしないのですが、何よりも物件選びで苦労したことは毎回妻と意見が分かれてしまうことでした。

引っ越しって地味に大変なんですよね

購入してみて感じたことは、まずは購入してから引っ越しするまでがとても大変でした。住み始めた当初は、少し違和感を感じていましたが、徐々に家にも慣れてきて今では快適に過ごせています。

購入前に頭の中で浮かび上がった「妻と子供の笑顔」が現実となったので私は毎日幸せを感じています。

今回のポイント

今回は、思わず自宅を購入してしまったというお話でしたが、不動産は縁であるといわれるように、買い時というのは、買いたいと思ったときなんでしょうね。

今回のポイントは、不動産は「縁」である。ということでしょうかね(笑)。

多くの体験談を寄せていただいていますが、縁を大切にする方がとても多くいらっしゃいます。日本は仏教国ですから、縁や縁起という言葉が心に深く刻まれているのかもしれませんね。


関連記事