8850769_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は地元の工務店で自宅を新築されたかたの体験談です。

アパートは自分の資産にならないので自宅購入を決めました

私は大分県に住む企業に雇われている、ごくごく平凡な会社員で、年齢は35歳(男)です。

私がマイホームを購入しようと考えたのは30歳の時です。理由は結婚して妻を持ち家庭を持ったからです。
なぜ賃貸(アパート)ではなく、マイホームの購入を決意したかと言うと理由は簡単です。

アパート代を払いたくなかったからです。よく考えるとアパートはあくまで借り物であり自分の物ではありません。
30年間住み続けて賃貸料を払い続けても、その支払いはそのアパートとの契約を解除しなければなりません。つまり家なしになるしかないことに気が付きました。

自分が定年退職した時には、そんなアパート代を払いたくない気持ちからマイホームの購入を決意しました。

確かに購入後はアパート代より若干高い金額の支払い行うようになりましたが、それは自分の大きな資産を残すための投資だと考えれば高い物ではありません。太陽光発電機などを購入時に取り付けたので売電収入などを差し引くと実はアパートの時より支払いは少なくなりました。

地元の公務店で建築しました

私が購入したマイホームは地元の工務店で購入しましたがその理由は、ハウスメーカーより価格が大幅に安かった為です。
色々な展示場に足を運びましたが、ハウスメーカーの家は確かにとても素晴らしくいい物でしたが、価格は本当にお高いイメージを感じました。

それに比べて地元の工務店は価格がハウスメーカーよりかなりお安く、そこまで家に使われている仕様は変わらないと感じました。(工務店にもよりますが・・・)

そんな理由(価格)で私は地元工務店での購入を決めました。

ローンは金利やいろいろなプランを比較して選びました

購入する所は決まったが今度は銀行でローン審査を行わなければなしません。
ローン審査を受ける前にまずはどこかの銀行に決めないといけません。
ここで銀行を選ぶポイントとしてはやはり『金利』・『その銀行の様々なプラン』です。

やはり銀行もお金を借りてほしいのでしょう、他店の銀行とさほど金利の差などはありません。しかしごく稀に本当にお得な金利で出している銀行もあります。

私がローンを組む際に明らかに他の銀行より金利が安いと感じた銀行は『西日本シティー銀行』という銀行でした。
しかも私は昔からその銀行に給料の振り込み・月の払い物(携帯代・他のローンなど)をまとめていたのでさらに金利が安なったのも決め手となりました。

自宅は購入したほうがいいですが計画性が大切です

もし現在家の購入を検討中の方がいるのでしたら、ぜひ購入するべきだと思います。ですが購入する際はしっかりと計画を立ててから購入する事をおすすめします。(月々の支払・将来設計など)

しっかりとした計画を立てずに購入してしまったら、せっかく立ててしまったマイホームを手放す事になりかねません。
私は住宅ローンを組んでマイホームを購入しましたが本当に満足しています。
なぜならこれは自分・家族へ将来残せる大きな財産だからです。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換