h864581_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は3階建ての自宅を購入された方の体験談です。

マンションを借りているよりも自宅を購入することを選びました

私は35齢の会社員で関東に住んでいます。今回は一軒家を購入した経験についてお話します。

不動産を買おうと思った理由は、家族を持ち子供も少しずつ大きくなった頃、このまま賃貸でもいいのかと考えるようになったからです。

マンションを借りており、車も所有している為、賃貸料も結構かかっていました。ひと月の賃貸金額とローン金額を比べると、当然ローン金額の方が高いですが、所有物になると考えると購入も良いのでは思い、物件を探し始めました。

まずは住みたい場所を限定して探しました。希望した場所の相場が高く、なかなか希望する物件は出てきませんでした。ひと駅となりに変えれば、希望しているような物件はあったのですが、場所は変更したくありませんでした。

3階建ての一戸建てを購入することにしました

半年近く探しました結果、ボロボロの中古物件か3階建てという2択になると分かりました。中古物件だと修繕が必要となり、また別に費用がかかります。当然オーバーしてしまいます。少し抵抗はあったのですが仕方ないと思い、3階建ての一軒家を購入すると決め選びました。

不動産会社は複数登録し、幾つかは行き話を聞きに行きました。見学に行くとまず年収を聞かれます。だいたいローンが組めるか、その物件が買える人なのかが、分かってしまうみたいです。

沢山見に行った中から、数件に絞りました。決め手はローン金額と間取りです。この段階で、良かった担当者の不動産会社とのみ、連絡をとるようにしました。担当者の方は、とても親切に対応や説明をして下さり、初めての大きな買い物をする不安感を取り除いてくれました。

物件の購入をスムーズにするのは担当者で決まります

その後物件を決め、いざ契約となったら意外と大変。書類の山、いつまでにこの手続き、いつまでに入金など、聞いたことが無い言葉が並んでいました。担当者を信用し、私は指示通り動いた感じでした。分からないことは何回も説明してくれたので、担当者選びは物件選びと同じくらい大事だなと思いました。

親切な担当者のおかげで、スムーズに手続きが終わり、新生活がスタートしました。子供は広くなったと大喜びでした。私は寝室が3階でお風呂場が1階の往復が少し苦痛ですが、マイホームというのは落ち着くものです。今は自宅で運動が出来ると、プラスに捉え生活を送っています。

駐車スペースもが自宅の横にあるのも、一軒家の特権だと思いました。購入して5年ほど経ち思うことは、全てが希望通りという訳にはいきませんでしたが、家族が笑顔で暮らせている事が、何よりも幸せで、マイホーム購入は成功だったということです。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換