住信SBIネット銀行で住宅ローン
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は住信SBIネット銀行で住宅ローンを組んだ方の体験談です。金利や手数料を比較しても、地銀などに比べると金利が安いのがネット銀行の強みですが、いちいち銀行まで出向く必要がないというのも人気の理由のようですね。

 

おすすめ住宅ローン■当サイト1番人気のおすすめ住宅ローン■

年間20万人が利用する当サイトで一番申込数が多い住宅ローンは、三菱UFJ銀行の住宅ローン(ネット専用)です。

人気の理由は、変動・3年・10年固定金利が通常ローンよりも安く、さらに固定期間終了後の金利まで低いこと。

支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借換にも対応)。

住宅ローン契約額は日本で第1位!、当サイト以外にも多くの人が利用しています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら

 

安心のフラット35■安くて人気のフラット35■

ARUHI金利

ARUHI(アルヒ)はフラット35シェアのNo1の金融機関で、金利も最低水準です。

最近、フラット35の金利が変動金利と変わらない水準(0.5%以下~)になっています。

完済まで非常に安い金利で返済できるため、変動や10年固定と比べても安心で経済的

オリンピック後は金利が上昇するとも言われており、選ぶ人がかなり増えてきています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら

利便性などを考慮して、都心に6000万のマンション購入

子供の中学入学を機に住宅購入を検討するようになり、都心のタワーマンションを中心に物件選びを行いました。当時の私は43歳のサラリーマンで、家内と子供3人家族で同じく都心の賃貸タワーマンションに住んでいました。

タワーマンションを選んだのは、眺望や見た目の良さもありますが、それ以上に内廊下など共用施設、セキュリティーなどが気に入っていたからです。また、当時の家賃が25万円で住宅ローンを利用して購入したほうが毎月の負担は安くなるという事情もありました。

最終的に選んだのは、東京副都心の駅前に建つ30階建てマンションの28階部分の3LDKです。価格は6000万円強でしたが、当時としてはまずまずという価格水準でした。ここを選んだのは、都心の利便性、子供の学校に近い、駅近、希望の不動産会社物件であったことなどが主な理由です。

ネット専用銀行のローン申し込みは来店不要

住宅ローンは、メーンで長年利用している大手都市銀行かネット専用銀行を利用しようと考えていました。当時それほどメジャーではなかったネット専用銀行でしたが、口コミでの評判が良かったことや金利、保険などで有利ということもあり、取りあえず申込んでみることにしました。

通常の銀行のように銀行まで出向きく必要が無く、ネットで住宅ローンが申し込めるというのは結構斬新でした。

申込んだのは、住信SBIネット銀行です。口座は、SBI証券を利用していた関係で以前より所有していました。休日にネットで申込みました。すると数日後に銀行コールセンターから電話連絡があり、仮審査に通ったので必要書類を送ってほしいとの連絡がありました。

ちょっと簡単すぎて拍子抜けしましたが、直ぐに必要書類を送り本審査も無事に通過しました。

結局、銀行に出向くことはなく、すべてネットと郵送で済ませることができました。とても簡単で手間もかかりませんでした。これはネット専用銀行の大きなメリットです。

住宅ローン返済の秘訣は、繰り上げ返済

サラリーマンでしたが、なかなか銀行に行く時間もなく、かと言って休日に予約までして銀行に相談に行くのも面倒だなと思っていました。何より、お金を貸してくださいと頼みに行くようで抵抗がありました。

その点、ネット銀行は全くそのようなことを気にかける必要はありません。完全にビジネスライクで金利さえ負担してもらえれば問題ないという感じでした。

また、今では当たり前になっていますが、住信SBIネット銀行の場合、当時からいつでも繰り上げ返済が自由であったのも大変魅力に感じました。住宅ローン返済の秘訣は、繰り上げ返済をいかに利用するかということがポイントであると思いますので。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換