新築戸建てを住宅ローンで購入
こんにちは、管理人のサトウです。
今回は新築の戸建て住宅を住宅ローンを組んで購入された方の体験談です。ローン審査を通すコツがいくつも紹介されていますので、参考にしてみてください。

子どもが生まれたため、思い切って新築戸建を購入

私は島根県に住む職業が会社員年齢は30代の男性です。

不動産を購入しようと思った理由は、結婚して子供が生まれたためです。当時住んでいたのがアパートの2階で、子供が思い切り走り回って遊べるような環境ではなかった為、思い切って夢のマイホームを購入しようという事になりました。

最初は価格の安い中古戸建を購入して、水回りなどを住めるようにリフォームしようかなと考えていましたが、一度新築の戸建のオープンハウスに見学に行くとやはり新築の新しい戸建の家がほしくなり、新築の戸建を購入する事にしました。

新築の物件は中古物件に比べて断熱保温性が良く格段に違いました。ということは、住む環境はもちろんですが、夏場や冬場の電気代等にも確実に差が出てきます。

やはり中古住宅にお金をかけるよりは、最初から自分たちの意見で間取り等が作れる新築住宅の方が良いと思い新築住宅の購入を決心しました。

住宅ローンは島根銀行で契約

住宅ローンは島根県の地方銀行の島根銀行を選びました。住宅ローンを選ぶときに見るのがまずは金利です。新築住宅だと数千万円は必ずいきますので、その金利だけでも数百万円になり、馬鹿にできません。

それと実際の家の計画プランと銀行が貸してくれる限度額、ここが一番頭を悩ます所だと思います。せっかくのマイホーム購入なので色々付けたい設備はあるが、銀行の限度額は決まっていますのでどこかで折り合いをつけないといけません。

これから新築の住宅の購入を考えている方にアドバイスするなら、まずは建築業者は色々なところを回ってくださいと言いたいです。そして必ず納得してから請け負い契約をしましょうということです。

ローンの申し込みは嘘偽りなく

住宅ローンの申し込みの際には申込書にはなるべく綺麗で丁寧に字を書くようにしましょう。実際私も担当者の方に言われたのですが、ローンの審査をするのは人間なので、少しでも文字をきれいに丁寧に書いておくと印象が違うようです。

それと自動車のローン等他のローンがある人は、それを完済してから申し込むと融資額が増える場合があります。

住宅ローンの融資額というのは年収の25~30%ぐらいと大体決まっています。この返済割合は住宅ローンだけでなく、自動車のローンやその他のカードローン等も返済割合に含まれます。

なので高額の自動車ローンをくんでいると融資額も減るといった具合です。

申込書には嘘偽りなく全て記入しましょう。借金があるけど書いてしまうと融資額が低くなるからやめようなどど考えてはだめです。

住宅ローンの保証会社及び銀行は信用情報機関といった全てのクレジットやローン等の情報が載った資料を参考にするので必ずばれます。

この嘘がばれた時には一気に印象が悪くなり、否決される恐れもあるので注意が必要です。

(体験談は以上です。)

まとめ

今回は新築住宅を購入するときの、住宅ローンの注意点などについて書かれていました。ローン申込書の「字を丁寧に書く」といいうのは、言われてみればそうかもしれないというポイントで、いままで見逃していましたw

銀行員も人間ですから、少しでも良い印象を与えるということは大切なのかもしれませんね。

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 

ARUHI金利


ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


保障が充実の変動金利住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>>三菱UFJ銀行の住宅ローン詳細

>>ARUHIの住宅ローン詳細

>>住信SBIネット銀行の住宅ローン詳細


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換