子育て
こんにちは、管理人のサトウです。

今回は悩んだ末に新築の建売住宅を購入された方の体験談です。子育てをしながらの物件探しが大変だったようです。

子供の騒音トラブルがきっかけで購入を決意

私は現在37歳の女性で職業は外交員です。岐阜県岐阜市に住んでいます。

アパート暮らしもわりと長かったのですが、結婚して子供が生まれ、成長するにつれて、子供用の部屋のことや収納を考えて、いずれは一戸建てがいいなと思っていました。

ただ、実際に住宅を購入したきっかけは、アパートで音のトラブルなどがご近所さんとあり、子供を静かにさせるのにも限界がきてしまったためです。そこで一戸建てを購入をすることにしました。今から4年ぐらい前のことです。

不動産屋をいろいろ回りました。子供が小学校に入って間もないため、できれば校区内でいい場所が見つかるといいなと思っていました。土地から探していたので、なかなか予算と場所が合わず、何度か断念もしました。ただ、土地情報をいつもチェックはしていました。

建て売りは値段も手ごろで手間も省ける

ある日、折り込みチラシだったと思いますが、建て売りの物件が出てきました。子供の学校の校区内で、転校手続きもいらず、近くにイオンや薬局、スーパーもあるので、立地としてはいいなと思い、すぐにそのチラシの不動産屋に連絡しました。

3軒並ぶ中の間取りを全部見せてもらい、また同じ建て売りが違う場所でも出てるから雰囲気だけでもと、実際に建て売りされているところにも見学に行きました。

建て売りなので、自分達では間取りをいじれませんが、値段もお手頃でいろいろ考える手間が省けるので、これもありかなと思い決めました。全国でもたくさん建てている業者だったので、同じような建て売りに住んでいる人もおり、何となく安心感もありました。

苦労したのは妥協点を見いだすこと

苦労したのは、やはり高いお金を出せばいい建物が建てれますが、高額なローンを長期間で組むとなると悩みました。妥協するところを探すのが大変でした。

そうそう何回も建てれるものではないので、とても慎重にかついい物件を逃さないように情報収集しました。ただ、子育てしながらでしたのでなかなか大変でした。

購入し住みはじめてから、外構が全くされてないことに気づき、ここは後々自分達で庭作りも兼ねてしていかなくてはいけないなと思っています。

雑草が生えるので、夏は草むしりが日課として増えました。町内会のことも住んでから仕組みを知ったので、こういうのも前もって知っておくのも大事だと感じました。

町内はだいぶ地域でやり方や会費も違うみたいです。アパートで毎月払っていた金額が、一戸建てになってから1万円ほど安くなったので、老後のことを考えると、払い終えれば月々の支払いもなくなる一戸建てを購入してよかったように思います。

後はこれからの家のメンテナンスをどうやっていくかと、足りない庭の部分を楽しく自分らしく作っていけたらと思います。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

金利が安く各種手数料が無料、さらに様々な保証まで無料で充実している住宅ローンの一覧です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    じぶん銀行



    じぶん銀行の住宅ローンは、10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、【購入体験談】子供の学区内での利用も可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    住信SBIネット銀行

    住信SBIネット銀行



    住信SBIネット銀行のローンは、変動金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

    地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

    もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。(【購入体験談】子供の学区内での利用に対応しています。)

    住信SBIネット銀行の公式ページはこちら



支払総額が安い住宅ローンの一覧は以上です。

家(一戸建て、マンション)の購入では、金利を比較するだけでなく、保証の手厚さや手数料の安さも重要です。

上記住宅ローンは、金利が安く、無料での保証を充実させているなど、おすすめなのですが、審査基準が他行に比べると厳しめとなっています。

借りようとしたしたときに借りられないこともありますので、事前審査だけは早めに行っておきましょう。

>じぶん銀行の公式ページはこちら(10年固定の金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行の公式ページはこちら(変動金利が最低水準)

関連記事