建売住宅を安く購入
こんにちは管理人のサトウです。

今回は建売住宅をかなり安く購入した方の体験談です。

さっそく見ていきましょう。

築1年の新築一戸建てを300万円安くする節約術

私は33歳の大阪の役場で働く男子です。

6年前に子供が2人になったのでハイツでは狭くなってきたので、一戸建て購入となりました。

購入の際、大手ハウスメーカーの展示場に休みの際は足を運びました。また、最寄の工務店のモデルルーム公開のチラシが入れば必ず見学にいっていました。

私には友人に大工さんが複数いて、色々と詳しい話を聞いていたので、見学の際に見るべきポイントなどもいろいろ勉強していました。

大手ハウスメーカーの展示場に足を運び間取りの取り方を参考に

モデルルーム見学に行くのですが、大手ハウスメーカーの展示場はモデルにするだけあって実際に私たちが建てる家とは違い、建坪70坪など普通よりグレードが全て高いのであまり参考にはなりませんでた。

参考になった点は間取りの取り方、特に収納スペースの取り方はさすが全国で数多く建ててるだけあって非常に上手にスペースを生かしています。

素人では絶対に太刀打ちできないと思いましたし、実際に営業の方とその部分の話をしたら、たくさん建てて来ている分、失敗もクレームもたくさんもらっているので、改善に改善をつくしての今日ですと言っていました。

築1年のモデルルームが家具付きで魅力

結果的に私たちが銀行で借入できる金額のものを探すとなると、なかなか自分たちが納得できるものはなく、いろいろ探して買えると思ったら土地柄が悪かったりと、やはり値段だけの条件は必ずあるものだと数をこなすうちに見えてきました。

そこで親に500万円の頭金を借りる事にしました。

町の工務店が分譲住宅を出していた場所のモデルルームが、一軒だけ残っていてその物件が築1年ほどだったので、値段を当初より下げて売りに出しており、見学に行ってみました。

その際、友達の大工にも一緒にきてもらいました。

モデルルームだけあって全部屋フローリングの種類が違う事と、サッシのグレードがいいのとキッチンもそこそこのものが入っていたりカーテン、照明も全てついてくるし、家具もろもろ今現在あるものは全てお付けしますとのことでした。

家以外のものだけでも新居を購入した場合新たに購入するとなると、100万200万なんて直ぐにいってしまいます。

できるだけ業者をじらして最終的に300万の値下げに成功

私たちは凄くこの物件を気に入りました。大工の友人からモデルルームなので全ての設備のグレードが良いと聞いていましたし、帰ってから家族で話合った結果購入する事になりました。

私たちにとっての最大のメリットはこのモデルルームは新築という形で売るには限界になっているので、業者は1日でも早く売ってしまわないと多分今でも赤字の状況のようでした。

そこでもっと値段を下げるには出来るだけじらして購入するようにしたほうが良いと友人からアドバイスもらいました。

結局直ぐには購入せず、値段は最終的に売りに出していた値段より300万も下げてくれました。

やはり早く処分してしまいかったらしく、設備にかなり投資してしまったので赤字ですと営業の方は泣いていました。

しかしあと何ヶ月先になってしまうと新築物件として扱われない可能性がでてくるので、今の時点で購入していただいただけありがたいですとお礼をいってくれました。

実際に住んでみて、殆ど買うものがなかったのでかなり助かりました。

モデルルームは自分好みのものであれば良いと思う事と、少し売れ残った物件を狙ったら良いのではと今回の経験で思いました。

(体験談は以上です)

金利・総支払額が安い住宅ローン

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

    ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

    ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

    固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

    三菱UFJ銀行


    三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、3年・10年固定金利が通常ローンよりも安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

    住宅ローン契約額は日本で第1位です。

    ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

    ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

    団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

    三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


    保障が充実の変動・10年固定住宅ローン 

    保障が充実した住宅ローンとして人気があるのがじぶん銀行の住宅ローンです。

    変動金利・10年固定金利が最低水準ガン保障が無料で付帯するのが特長です。

    じぶん銀行


    じぶん銀行の住宅ローンは、変動・10年固定金利が最低水準で、がんと診断されるだけでローン残高が2分の1になる保障(就業可能な状態でもOK)が無料で付帯しています。

    日本人男性の61.8%は一生涯のうちに一度はガンと診断されています。女性は46%です。※公益財団法人がん研究振興財団調べ

    また、調査会社による住宅ローン人気ランキングで第1位を獲得しています。

    もちろん、全国どこでも利用可能です。

    ネット銀行のため金利が安く抑えられ、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります(借り換えにも対応)。

    保証料、繰り上げ返済手数料、印紙代まで無料となっています。

    じぶん銀行の公式ページはこちら


    最安のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

    フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

    フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料も安いのが特徴です。

    ARUHI(アルヒ)



    ARUHIはフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

    フラット35の金利が最安で、審査が非常に速い(最短当日)のがポイントです。

    保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

    借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

    35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

    金利が上昇傾向のため、選ぶ人が増えています。

    ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>三菱UFJ銀行の公式ページ(実質金利が安い/変動・3年・10年固定金利が最安水準)

>じぶん銀行の公式ページ(ガン保障無料/変動・10年固定の金利が最安水準)

>ARUHIの公式ページ(フラット35の最低金利)

地域別 金利比較ランキング

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。

★地域別 金利比較ランキング★

 
 
 
 

関連記事