2668230_l
こんにちは、管理人のサトウです。今回は転勤の多いサラリーマンの方が、転勤しても売却しやすいことに重点を置いてタワーマンションを購入したという体験談です。都内で利便性の非常に高いタワーマンションを購入する場合の良い参考になるかと思います。

数年で売却する予定 どうせ買うならとにかく利便性の高いブランドタワーマンション

わたしは42歳の製造業に勤めるサラリーマンです。家内と高校生、中学生の2人の娘がいます。今は兵庫県に住んでいます。

我が家がマンションを購入したのはちょうど10年前です。当時は東京勤務で、長くなりそうな気配を感じていました。最終的にはわたしも家内も関西に戻りたいという思いを持っていましたが、会社の、家賃補助が下がるタイミングもあり、せっかくなら一度くらい分譲マンションを購入しようかという話になりました。

家賃を払うよりローンを組んでマンションを購入したほうがお得

家賃補助のマンション住まいで7万円、さらに駐車場費用を支払うことを考えると、毎月10万円のローンでマンションを購入した方が得策という結論に至りました。

物件探しにあたってのポイントは、最終的には関西に戻るので売却しやすい物件であることが大前提でした。また、せっかく購入するなら住所も物件もプレミアムを感じさせるところにしました。

そんな条件に合った物件がいくつかありましたが、不動産会社にはこだわりはありませんでした。わたしたちが、購入しようと思うようなマンションを手がける不動産会社は間違いなく名前も通っています。

とにかく周辺環境が良い物件を探しました

さらに我が家の場合、子供が二人いましたので周辺環境、自治体の補助なども気になるポイントでした。医療費負担が小学生の間は無料だったり、文京地区であるか、さらには図書館や公園といった周辺環境が揃っているかというところも大きなポイントです。

物件の選定にあたってはもちろん予算も大きなポイントでした。我が家の場合、頭金1000万円、ローン3500万円ということまで決めていました。正直都内のタワーマンションとなると厳しい資金計画と言わざるをえません。しかし、実際には大規模マンションで間取りが狭い物件となれば、比較的安くかつ、共用施設なども、使うことができるのでかなりお得な物件が存在します。

車を手放して浮いたお金で物件のグレードをアップ

また、都内であれば、車を手放しても困りません。この車の維持費をゼロにしてしまえば、その分を物件に投資できます。実際に購入した物件についてはとにかく満足しています。新築のため似た世代の入居も多く、かつマンションの共用施設が抜群に優れていたからです。

もちろん、若干間取りが狭いという弱点はありますが、これだけのプラス要素を考えた場合に、マイナスポイントとしてはさほど気になるものではないと感じていました。人生で最も高価で非常に優れた買い物になりました。

購入体験談まとめ

今回は売却を前提にブランドタワーマンションを購入された方の体験談でした。売却しやすいマンションというのは、もちろん利便性が高いマンションですので、価格も高額になりがちですが、間取りを若干狭くすることで価格を抑えることができるというのは、面白い視点でした。

家具なども必用最低限のものにすれば、お部屋は意外と広くつかえるものです。断捨離なども流行りですが、工夫をすれば少しくらい狭い間取りでも、家族4人で十分快適に過ごすことはできるようですね。

金利・総支払額が安い住宅ローン 

最後に、金利が安く保障も充実した住宅ローンの紹介です。

トータルの支払金額を安くしたい場合には特におすすめとなっています。

ただし、他行よりも審査が厳しい傾向にありますので、仮審査は早めに行っておく必要があります。

また、審査の結果、金利が高くなることや、希望の金額から減額されることも少なくありません。

そのため、複数の銀行で審査しておくと安心です。

もちろん審査は無料ですし、1行あたり15分程度なので、審査を通った中から一番条件の良い銀行を選ぶのがおすすめです。

ネットでお得な3年・10年固定住宅ローン 

ネット限定でお得な住宅ローンとして人気があるのが三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンです。

固定期間終了後の金利が他行よりも低いのが特長で、当初金利と返済完了までの実質金利を安くしたい方にオススメとなっています。

三菱UFJ銀行(全国対応) 


三菱UFJ銀行のネット専用住宅ローンは、変動・3年・10年固定金利が安く、さらに固定期間終了後の金利が低いのがポイントです。

住宅ローン契約額は日本で第1位です。

ガンや糖尿病などの7大疾病保障にも対応しており、もしもの時も安心です。(住宅ローン残高がゼロ円になります。)

ネット専用としたことで、金利が安く抑えられており、支払い総額が他行に比べ数百万円お得になることもあります。

団体信用生命保険料・繰上返済手数料は無料となっています。

三菱UFJ銀行の公式ページはこちら


保障が充実の変動・10年固定住宅ローン 

保障が充実した住宅ローンとして人気があるのが住信SBIネット銀行の住宅ローンです。

変動金利・10年固定金利が最低水準全疾病保障が無料で付帯するのが特長です。

住信SBIネット銀行(全国対応) 

住信SBIネット銀行



住信SBIネット銀行のローンは、変動・10年固定金利が最低水準で、他行には無い全疾病に対応した保障、さらに障害補償まで無料で付帯しています。

地方銀行やメガバンクなどに比べて金利が安く、支払い総額が数百万円安くなることもあります(借り換えにも対応)。

もちろん、保証料、繰り上げ返済手数料も無料とお得になっています。

住信SBIネット銀行の公式ページはこちら


一番人気のフラット35 安心の最長35年固定住宅ローン 

フラット35の中でも一番人気が高いのがARUHIのフラット35です。

フラット35の専門金融機関で、金利が最安水準で手数料が無料なのが特徴です。

ARUHI(全国対応) 



ARUHI(アルヒ)はフラット35の国内シェアNo1の金融機関です。

フラット35の金利が最安水準で、審査が非常に速い(最短当日)のが特徴です。

保証人不要、保証料・繰上返済手数料は無料

借り換えのほか、つなぎ融資なども可能なため、土地購入からの新築住宅建築にも利用しやすくなっています。

35年間安い金利で返済できるため、経済的なのに金利の上昇が怖くないのがメリットです。

金利が上昇傾向なので選ぶ人が増えています。

ARUHI(アルヒ)の公式ページはこちら


住宅ローンは、当初金利を比較するだけでなく、ローン終了までの総支払額を比較することが重要です。

また、審査基準は低くないため、事前審査は早めに行っておきましょう。

>三菱UFJ銀行の公式ページ(実質金利が安い/変動・3年・10年固定金利が最安水準)

>住信SBIネット銀行(全疾病保障付で変動金利が最安水準)

>ARUHIの公式ページ(フラット35最安水準)


地域別 金利比較ランキング 

お住まいの地域で利用可能な住宅ローンの金利をランキングにしています。
一番お得な住宅ローンを見つけるのにご利用ください。


地域別 金利比較ランキング
新規
借換