会社が倒産 住宅ローンはどうする
こんにちは管理人のサトウです。今回は大阪でマンションを購入された方の体験談です。会社が経営難に陥りリストラされたそうですが、住宅ローンがなかったために助かったというお話です。住宅ローンは会社が倒産しようが、リストラにあおうが、毎月返さなければなりません。なるべく少ない金額に抑えておきたいものですね。

賃貸生活に区切りをつけ、中古マンションの購入を決意

私は56歳男性です。元会社員でしたが、今は早期退職して無職です。大阪の北摂地域に住んでいます。
結婚してすぐに、公団の分譲マンションを借りて生活していました。10年間毎月10万円を超える家賃を払い続けていました。決して高給ではなく、会社から家賃補助もありませんでした。住宅費の生活費に占める割合も高く、またこの地域での生活が気に入っていました。そこで賃貸住宅生活が10年過ぎたところで、同じ地域のマンションを購入することにしました。

大阪の北摂地域はマンションの価格も高く、新築だと3LDKで4,000万円以上かかります。当時は既に40歳を越えていましたので、住宅ローンを組む気はありませんでした。勤めている会社が今後もずっと存続するとも思えませんでした。そこで当時、こつこつ貯めた1,500万円ぐらいで購入できる中古のマンションを探すことにしました。

御堂筋線沿線の駅から歩いて10分以内の中古マンションに絞りました。築年数が古くても、戸数が100を越えていて、管理組合がしっかりしていそうなマンションを考えました。近所の不動産会社に声をかけていろいろ紹介してもらいましたが、御堂筋の車の騒音がうるさかったり、ベランダが西向きだったり、良い物件はなかなか出てきません。

不動産が紹介してくれた物件を知り合いの建築士にチェックしてもらいました

探し始めて3か月目のことでした。緑地公園駅前のアーバンライフという不動産屋から良い物件が空いたとの連絡を受けました。この不動屋さんは賃貸マンションを探すときにお世話になていて、信頼していました。そこで紹介された物件を家内と一緒に見に行きました。

まず外観が比較的きれいで、住み込みの管理人さんが常駐していることが気に入りました。マンションの掃除も毎日行われている様でした。また建物構造も昔の物件にも関わらず、頑丈な構造でした。これは知り合いに建築士がいたのでチェックして頂きました。ベランダも南向きです。まだ紹介された物件には持ち主が住んでいらっしゃるということで、部屋を見せてもらいました。

ごく普通の3LDKマンションという感じでそれほど感動もしませんでしたが、4階のベランダから見える夜景はきれいでした。淀川の花火も見ることができると聞きました。持ち主の方は、高齢のため子供の立てた2世代住宅に移られるために、マンションを売ることにしたとのことでした。

住宅ローンを組まずにマンションを購入して正解だった

考えていたすべてのチェック項目を満たしていたことと、この紹介されたマンションはなかなか空きが出ないことは知っていましたので、購入することに決めました。キャッシュで1,200万円程度だった思います。あとから300万円かけてリフォームも行いましたが、新築のマンションに負けないようなきれいな部屋になりました。そのくらいの金額があれば、頭金にして新築のマンションを購入することができましたが、住宅ローンはどうしても組む気になりませんでした。

その後、長年勤めていた会社が経営難になり早期退職しましたが、あの時ローンを組んでいたらと思うとぞっとします。購入したマンションに住んでもう10年以上過ぎましたが、現在も快適に暮らしています。昨今は中古のマンションを購入してリフォームすることも流行してきましたが、あの時に中古マンションを選んで正解でした。

(体験談は以上です)


関連記事