【リフォーム体験談】地震対策も兼ねて築22年のマンションをリフォームしました
こんにちは管理人のサトウです。

今回は、築22年のマンションをリフォームされた方の体験談です。地震対策も兼ねてのリフォームのようですが安心安全に暮らすには必要なことですね。また、リフォーム会社を選ぶ際も技術や実績、得意分野など条件に合う信頼のできるリフォーム会社を選ぶといいのではないでしょうか。

築22年のマンションをリフォーム

私は東京都小平市在住の55歳の主婦です。
定年間近かの夫と社会人の娘、大学生の息子がいます。
前に22年今のマンションを購入し、会社の社宅から引越ししました。

マンション築21年目の昨年の春、意を決して、大掛かりなリフォームをしました。
21年も経つと、壁紙は薄汚れ、床の絨毯はつるつるになったり薄くなったり(我が家はほとんどが絨毯だったので)、古くなったところを綺麗にしたいということもありましたが、それ以上に地震対策、これまで悩まされ続けた結露を解消したいという思いで、リフォームを決意しました。

全室の壁紙の張替え、リビングは絨毯から遮音性の高いフローリングに、水回りすべて、台所、お風呂、洗面所、トイレをすべて取り替え、窓をすべて二重サッシに。
1番大掛かりになったところは、和室のリノベーションです。

リフォームで地震対策

今回の目的の一つ、地震に安全な住まいにする、ということだったので、これまで和室においてあった、婚礼タンスを処分し、ウォークインクローゼットを作ることにしました。
今まで、6畳の和室に3竿の婚礼たんすを置き、その前に布団を敷いて、主人と私が寝ていましたが、地震を考えると危なく、また年々布団の上げ下ろしが大変に感じるようになり、何が何でもウォークインクローゼットを作りたいと思いました。

6畳を4畳半にし、1.5軒あった押入れをつぶし、3畳ほどのウォークインクローゼットを作ることができました。
天井まで有効的に使えるようになり、大容量のものが収納でき、大変家の中がスッキリとするようになりました。

また、今回思い切って、結露対策のために、全部の部屋、我が家は3LDKなんですが、二重サッシにしました。
また、常に家族が集う、1番大切な場所であるリビングには少し力をいれ、リビングのメインの壁全面にエコカラットを貼りました。これで、さらに結露対策は万全となりました。

リフォーム会社はミサワホーム

今回のリフォームは、いろいろな工務店さんの見積もりは取りましたが、総合的に考えて、ミサワホームさんにお願いしました。
担当の1級建築士さんが女性で、主婦目線でいろいろな提案をしてくださったのが、とても良かったのが、決めての理由です。

我が家のリフォームが、マンションでははじめての大掛かりのものだったので、工事中の騒音、その他業者さんの出入り等で住人のみなさんにご迷惑をかけるのでは、ということに気をつかいました。
そういう点も考え、工事に慣れているだろう、大手の会社にお願いするのがベターだろうと、ミサワホームさんにした理由でもあります。

今回のリフォームでは、当初の予算よりかなりオーバーしましたが、せっかく大掛かりにやるのですから、どこかに頑張ってやった感を出さないとと思い、リビングと玄関にエコカラットを入れました。
リフォームは大変な作業です。落ち着いて、時間をかけ、納得するまで考え、でもどこか大胆な気持ちも忘れずに、取り組まれるとよいかなと思います。

(体験談は以上です)

【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事