査定額を少しでも上げたい!

今回は、そんなあなたのために、売却査定で損をしないポイントについて解説していきます。

車を売るとき、まずは査定に出していくらで売れるかチェックしますが、マンションを売却する時も、とりあえず不動産会社など仲介業社に査定を依頼することになります。

売却査定額に一喜一憂しないためにも、しっかりと記事を読んでみてください。

 

複数の不動産会社に査定依頼をして、相場を知ろう 

マンションの売却査定を依頼するときには、一社でなく複数の不動産会社や仲介業者に依頼するのが基本です。

これは、複数の不動産会社の査定額を比較することで、適正な価格を見分けることにつながるからです。

例えば、依頼した不動産会社のうちの数社がほぼ似通った査定額を提示してきた場合には、これらの会社が「この金額で売れる」と考えているということですので、それが売却相場だということがわかります。

実は、マンションの売却を考えた時に、まず相場を知るということが大切な要素となってきます。

マンションを売るとき、売主は「だいたいこのくらいの値段で売りたい」という希望を持ちます。しかし、それが相場からかけ離れた高額であればなかなか売れないということになります。

また、相場を知らずに「訪問査定」を依頼したとき、マンションの外から中まで詳細にチェックした結果はじき出した金額が、希望額よりぐっと低かったりすると、がっかりすることになります。

そこで、まずはマンションの相場を知り、自分のマンションがどのくらいで売れそうかを知り、心の準備をしておくのがおすすめです。

最近では、不動産の一括査定を行うサイトがたくさんありますので、それらを利用することで、複数の不動産会社に簡単に査定依頼を出すことができます。

一括査定サービスはこちら

提示された査定額をじっくりと検討し、相場について理解を高め、次のステップへ進むということができます。

複数の不動産会社を比較して、善し悪しを見抜こう

さて、上記で複数の不動産会社に査定依頼をしようとおすすめしました。

複数の不動産会社に査定依頼をすることのメリットは、相場を知ることのほかに、もう一つあります。

それは、不動産会社の比較です。

不動産価格には相場というものがあり、物件の立地や方角、間取り、築年数などによって、平均的な価格が存在します。

複数の不動産会社に査定を依頼したとき、どの会社も同じような価格帯を提示してきたのなら、おそらくその価格帯が相場と言えることでしょう。

しかし、同じ様な査定額を提示した不動産会社が複数ある中で、もしも「一社だけとびぬけて高い査定額を提示してきた」という場合、どうしますか?

「この高い査定額で売ってくれるのだからこの業者を選ぼう」

そう思ってしまいがちですよね。

しかし、ここで気を付けてほしいことは、

「査定額=売却額」ではない!

ということです。

査定額とは、あくまでも仲介業者がこの金額で売れるだろうと推測する目安であり、実際にこの金額で売れると保証されているわけではありません。

言い方を変えれば、査定額は高くしようと思えば高くできてしまうということです。

しかし、下手に高い値を付けて売り出しても、相場に合っていなければなかなか売れず、結果的に売れ残り物件として買い手がつかないという最悪のケースに終わってしまう可能性があります。

そのため、一社だけとびぬけて高い査定額を提示しているときには、実はその不動産会社は避けた方が賢明なのです。

契約を取ることだけを目的に、敢えて高い査定額を出している可能性があるからです。

逆に、とびぬけて低い査定額を提示する会社も、避けた方がよいでしょう。

マンションの売却が成功するか否か、満足できる金額での売却は、仲介してくれる不動産会社の腕にかかっていると言っても過言ではありません。

査定額が高いから良い、低いから悪いのではなく、適正価格か、相場との大きな違いはないかがポイントです。

なぜこの査定価格になるのか、根拠をはっきりと説明できる業者であれば安心です。

よい不動産会社の良い担当者を選別するためにも、複数の不動産会社から査定をとり、提示価格をじっくり比較してみることをおすすめします。

そして、机上査定での金額が気になったり、交渉や確認の連絡時の対応がよかった不動産会社をピックアップし、改めて訪問査定を依頼するとよいでしょう。

売却価格は訪問査定がポイント ~訪問査定額を上げよう~

マンションの査定には、一般的に机上査定と訪問査定の2種類があります。

机上査定では、そのマンションについての情報をもとに大まかな査定額を算出します。

情報としては、立地、階数、間取り、築年数、方角、角部屋かどうか、駐車者場の数、共用スペースの清潔さ、付帯設備、付加価値などが挙げられます。

最近売れた同レベルのマンションの売却額を参考にする場合もあります。

インターネットを通した一括査定でも、机上査定額が提示されています。

しかし、机上査定額=売却額とはなりません。

机上査定額を見て、「この値段で売れる!」と思い込まないようにしましょう。

実際に売却の段階になるときには、そのマンションの部屋の状態を逐一確認して、詳細で正確な個別の査定額をはじき出すのです。

これが、訪問査定です。

物件の情報だけをもとに計算された机上査定とは違い、訪問査定では、そのマンションの部屋の状態によって、価格がさらに上がったり下がったりする可能性があります。

築年数が長い物件でもリフォーム済で価値が上がっていたり、逆に同じ築年数でも、使い方や手入れが悪く、傷み方が激しいとなると、それだけで査定額がガタっと下がる可能性があります。

さらに、マンションの部屋についてだけでなく、建物の周りや周辺環境なども、担当者が実際に歩いて、見て、確認することで、机上査定での情報からはわからなかったマイナス面やプラス面も出てくることがあるのです。

机上査定は一般的な市場価格から推測した概算ですが、訪問査定の場合は直接売却につながる、より現実的な金額となります。

少しでも高く売りたいと思っているのであれば、訪問査定での査定額をできるだけ上がるような努力も必要です。

誰でも、整理整頓されて清掃が行き届いた場所には惹きつけられるものです。

逆に、どんなに近代的なマンションでも、部屋の中が不衛生で散らかっていては、購入意欲も半減するのではないでしょうか。

ここにどんな人が住んでいたのか?ということは、意外にも買い手にとって大きなポイントを占めることがあります。

買う人が「ここに住みたい」と惹きつけられるような空間づくりに努めることは、査定額を上げるために大切なポイントです。

もちろん、訪問査定にきてくれる担当者は実際の買い手ではありませんが、買い手の立場となって査定しているわけです。

少しでも高く売りたいと思っているのであれば、訪問査定の時には整理整頓、徹底したクリーニングに努め、査定額を上げるための努力を惜しまないようにしましょう。

まとめ

マンションを売るときには、いくらで売れるのかを知るために、まずは査定を依頼します。

査定を依頼する時のポイントは、

1.複数の不動産会社に依頼をして、相場を知る
2.複数の不動産会社を比較して、良い会社をピックアップする
3.売却価格に直接つながる訪問査定額を上げる努力をする

の、3つです。

マンションの売却を成功させるためには、良い不動産会社や担当者選びは大切です。売却成功のカギは担当者の腕にかかっているからです。

自分自身も査定についてしっかり勉強し、相場を知り、また査定額を少しでも上げる努力を惜しまないようにしましょう。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guideの公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】

関連記事