マンションの外観

初めてマンション売却を行う人にとって、最初のハードルは「どこの業者がよいか?」です。

多数の業者の中、どうやって一つを選べばよいのでしょう?

そのような時、実際に利用した人からの口コミはとても参考になります。上手に口コミを利用して、よい業者を見つけましょう。

マンションの買取や売却には、専門業者の力が必用

マンションの買取や売却を行いたい時には専門業者に依頼します。

売却の手続きは専門的知識が必要で素人にはわかりにくい面もあり、下手をすると損をしてしまうこともあります。

そのため、自分でもある程度リサーチして知識をつけたり、依頼する業者について調査し、信頼できる業者を選ばなければなりません。

インターネットをフル活用 この業者は何を得意としているのか?

インターネットを利用すればはあらゆる情報を得ることができる時代ですが、不動産会社についても同じです。

ほとんどの会社がHPなど自社についての情報を掲載しています。マンションの売却・買取として検索すれば、無数の会社が上がってくるでしょう。

こうした会社情報の中には、取り扱っている物件情報、会社のポリシーなどに加え、売却実績、買取実績などについても掲載されている場合がありますので、売却に強いのか、買取に強いのか、マンションに強いのかなど、各不動産会社について知ることができます。

マンションを売りたいのであれば、マンションの仲介や買取の実績が多い業者を探します。

実際に利用した人からの口コミ

さて、情報満載のインターネット上では、いろいろなジャンルで口コミや体験談が書き込まれています。

検索してみるとわかりますが、不動産取引のポータルサイトなど、様々なサイトでマンションの売買についても口コミが掲載され、満足した、満足しなかったなど、大変興味深い内容となっています。

初めてマンションの売却を考えている人は右も左もわからず、経験者の体験談を聞きたいと思うのは当然です。

そのため実際にその会社を利用した人からの口コミは、いろいろな意味で参考となるといえるでしょう。

口コミについて気を付けること

口コミを参考にすることが不動産会社選びのヒントとなることは確かです。しかし、全てを鵜呑みにしてしまうことはあまりよくありません。

口コミはあくまでもその個人の評価ですので全ての人に当てはまるわけではありません。

これは不動産売買のみならず、どんなジャンルの口コミでも同じことです。不動産売買の場合は、その内情が一般の人にはわかりにくく、少しでも情報を得たいということで口コミを利用することは大いに結構なのですが、誤解をしないよう自分でもある程度の知識を身につけて、自分なりの理解をしていくほうがよいのです。

例えば、「○○社は仕事が遅く、成約まで6ヵ月かかった」という口コミがあるとします。しかしこれは、たまたまその担当者が遅かっただけで、他の担当者であれば満足できる対応であったかもしれません。

また不動産売買は、通常その手続きに2ヵ月から6ヵ月かかるといわれています。成約まで6ヵ月というのは特別に遅いわけではないので、落ち着いて考えればこの業者が絶対的に評価の低い業者ではないことがわかるものです。

また、マンション売却の場合には、例え同じ業者に依頼しても、その物件によって対応の仕方が違って当然です。物件自体の立地から間取り、築年数、総戸数、売却時期などの条件が全く違うのですから、その人、その物件、その時々によって対応の速さも、満足度も異なるのだということを承知した上で、口コミを読んでいくとよいでしょう。

さらに言うと、口コミや掲示板などでは匿名の書き込みも多く、まれに同一人物が何度もクレームを書き込んでいたり、逆に業者自らが肯定的な書き込みをしているというケースもあるそうです。

このようなことから、「口コミはあくまでも参考まで、最終的には自分自身」ということを肝に銘じ、自分でも知識を高め、時には足を使って直接業者を訪れるなどの努力も必要ではないでしょうか。

業者が発信する自社アピール、利用者からの口コミやランキング情報、そして、自分で準備して得た知識を全てバランスにかけながら、不動産会社を選びましょう。

一括査定でもよい業者がわかる

業者の実績などについて調べるとき、HPを一つ一つ開いてチェックするというと、数が多い場合には時間と手間がかかります。

また、業者によっては十分な口コミ情報がない場合もあります。

もう少し手っ取り早く複数の業者について知りたいということであれば、一括査定サイトを利用するとよいでしょう。

これは、インターネットを通して複数の業者に査定を依頼できるというもので、一度自分の物件情報を入力するだけで数社への査定依頼が完了してしまい、手間がかかりません。

情報を受け取った会社から査定額が提示されたら、各社の査定額を比較し、自分の希望に合う金額提示があるか、希望額は適正価格かなどを検討することができます。

一括査定のメリットは、査定額の比較が素早く簡単にできることです。複数の会社が同じような金額を提示してくれば、それがおおよその相場とわかりますし、自分の希望額が高すぎるのか低すぎるのかも見当が付きます。

また、査定額についてなぜこの金額になるのかを質問することで、その会社や担当者の質を見極めるチャンスともなりますし、実際のやり取りは口コミ情報よりも参考になります。

詳細なデータなどの提示と共に根拠のある説明があれば安心ですが、あやふやな説明でごまかすのでは信頼できません。

このようなことから、一括査定も業者選びに上手に利用することができます。

なお、一括査定サービスは下記のサイトが便利です。

一括査定サービスはこちら

大手か地域密着か、それともエージェントか

マンション売却の専門業者である不動産会社には全国的に名の知れた大手企業から、地元密着の個人経営会社まであり、それぞれ特長があります。

大手企業は販売対応エリアが広域で、豊富な情報量とネットワークが特徴です。初めてマンション購入を考える人は、大手企業のドアを叩くことも多く、買い手の情報を多く持つといわれています。

ただ、大手の方が高く売れるか?というとそういうことはありません。自社の中で売り手と買い手のマッチングをさせようとすることで、値下げ交渉が厳しくなる可能性があります。

地域密着型の企業はその質に幅があるものの、会社の信頼が経営の全てに響いてきますので、やる気があり、親身になってくれる会社が多いです。残念ながら大手に比べて情報量は少ないのですが、地元に強く独自の情報を持っている場合もあります。

最近耳にするようになった不動産売買の新しい形式がエージェント制です。エージェントとは、売却の場合には売り手の代理として物件情報をオープンに公開し、売り手の利益だけを徹底的にサポートするというものです。

囲い込みがなくなり、売り手の希望にあった購入希望者が見つかる可能性が高まるといわれています。

それぞれ特長があり、どちらが良い悪いということはありませんが、知識として頭に入れておくとよいでしょう。

まとめ

マンションの売却や買取を考えているが、不動産会社をどうやって選べばよいのか?と悩む人は多いです。

近所の不動産会社か、大手企業か、どの会社が良いのか全く分からないということは、初めて不動産売却を行う時に誰もが思うことでしょう。

そこで、つい頼ってしまうのが口コミです。実際に利用した人の体験談は初めての売却を控えた人にとっては心強い味方のように思えます。 

ただ、口コミはあくまでも参考として考え、最終的には自分の力で優良な業者を見つけなければなりません。

物事に対する感じ方は人それぞれですし、短い文章で書かれた口コミには誤解もあり得ます。

自分でもある程度不動産売買に関する知識を身につけて、自分にとって最良の業者はどこか?という視点でよい業者を見つけましょう。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guideの公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】

関連記事