マンションの外観

住み替えのためにマンションを売りたい人、投資用のマンションを手放したい人など、売却の理由は異なるものの「少しでも高く売りたい」と思っているところは同じです。

同時に、「高く売りたいけれど、どうしたら高く売れるの?」と考えている人も多いのではないでしょうか。

実は、マンションを少しでも高く売るために、自分でできることもあります。

以下のリストを参考に、満足できるマンション売却を目指しましょう。

1.マンションの売却に強い不動産会社を選ぶ

不動産と一口に言っても様々で、不動産会社も得意とする分野があります。

新築マンション建設・販売を得意とするディベロッパー系統、投資用物件の売買を得意とする不動産会社、一戸建てを主に取り扱う会社などです。

マンションを売りたいときには、多数の不動産会社の中から中古マンションの売却を得意とする会社を選ぶことが大切です。

このような会社であれば、売却に関する専門知識が豊富であることはもちろん、実績や経験もあり、よい売却のために様々な知恵とアドバイスを持って、サポートしてくれるでしょう。

最近ではインターネットを通して多くの会社が広告や宣伝を行っていますので、どの会社がどのような実績を持っているか、調べることができます。

取り扱い物件の中に中古マンションが多い会社を探してみましょう。

2.相場を知る

マンションに強そうな不動産会社を見つけたら査定依頼を行うのですが、この時、一社だけに依頼するのでなはく、数社に査定を依頼することがとても重要です。

複数の会社から提示された査定額を並べてみることで、おおよその相場を知ることができます。数社の査定額がほぼ同じような価格帯であれば、そのあたりが市場の相場と考えることができます。

実際に売却価格を設定する時に、相場とあまりにもかけ離れた金額を提示すると、売却が思うように進みません。

買い手も同じような条件の物件の価格や相場を調べて購入のための検討をしていますので、相場と極端に違う価格であると、なかなか売れず、売れ残り物件となり、その後値を下げざるを得ないという状況に陥る可能性もあります。

売却価格は適正価格でなければならないのです。

このようなことを避けるためにも、相場を知ることは大切です。

なお、相場を知るためには複数の会社にまとめて査定依頼が行える一括査定サービスが便利です。

一括査定サービスはこちら

3.不動産会社の善し悪しを知る

複数の会社から査定をとることのメリットはもう一つあります。

それは、不動産会社の善し悪しも知ることができることです。

査定額が提示された時、「なぜこの価格か?」を質問してみましょう。正確な情報や根拠をもって、納得できる説明をしてくれる会社や担当者であれば、安心です。

逆にいくら高い査定額を提示してきても、十分な情報提供がなく、その根拠がはっきりしない、説明があやふやである場合には注意が必要です。

不動産会社によっては依頼を受けるためにあえて高い査定額を提示するケースもあります。しかし、査定額が高くてもその価格で売れるかどうかは別なのです。

マンションの売却で一番大切なことは、信頼できる不動産会社に依頼するということです。担当者は、プロとしての経験と知識があり、素人である売り手に少しでも高く売るための知恵やアドバイスを与えてくれなければ、手数料を払って依頼する意味がなくなってしまいます。

また、担当者との相性も大切で、その時々に感じる疑問や不安など何でも話すことができる、質問しやすい、そして納得させてもらえるような担当者でなければ、打ち合わせの度にストレスを抱えることになります。

このようなことから、査定依頼を通して複数の不動産会社と担当者に出会い、自分との相性を見極めることも、複数の会社に最低依頼をするメリットの一つなのです。

4.契約後の営業活動の確認を怠らない

無事に信頼できる不動産会社を見つけ、売却依頼を行った後も、売り手として意識していきたいことがあります。

売却活動は依頼した不動産会社が全面的に進めていくのですが、売り手自身も、どんな売却活動が行われているのか質問し、確認していくべきです。

不動産会社同志のネットワークを利用しているのか、インターネットの広告サイトに掲載されたのか、ビラを配ったのかなど、その売却戦略と手段について確認していきましょう。

行われている売却活動に対しての問い合わせの状況も知っておきたいところです。

もしも、問い合わせが一件も来ていなかったり、質問に対してクリアな説明がされない状況であれば、他の不動産会社に変更するということも視野に入れなけらばなりません。

「問い合わせが来ないので売却価格を下げた方が良い」などという提案がある場合にも注意し、それについて納得できる説明を求める必要があります。

5.買い手にここに住みたいと思わせる

買い手が気に入ったマンションを見つけると、内覧を希望する場合がほとんどです。

何でも第一印象は大切なものですので、買い手によい印象を持ってもらうために、努力を惜しまないようにしましょう。

マンションを購入する側の立場で考えると、手入れの行き届いたきれいなマンションは魅力的です。

そのため、整理整頓、清掃は基本中の基本です。

不必要なものはなるべく見えないところに片付け、部屋を広々と見せましょう。

不衛生な水回りは特に印象を悪くしますので、徹底的にクリーニングをし、におい対策もしっかりと行いましょう。

いらない靴を片付けることで玄関を広く見せることができます。

カーテンは開け、電気をつけることで明るい印象を与えることができます。窓も少し開けて換気をよくしましょう。

ペットはなるべく外に出し、ベランダの清掃も忘れないようにします。

周辺環境の便利さもマンション購入のポイントとなりますので、最寄り駅、近くのお店の情報などもまとめて情報提供できると喜ばれます。

モデルルームのようにはいかないものの、それをイメージしてできる限りのクリーニングをおすすめします。

6.ゆとりを持ったスケジュールを

マンションの売却には時間がかかります。

特に、希望する金額で売りたいと考えている場合には、価格交渉をする時間が必用です。

購入希望者は、気にいった物件が見つかると、たいてい売り手の希望価格よりも少し低い価格で交渉してくるものです。

すぐにほかの購入希望者が出てくるという保証ものないので、ここで交渉をして少しでも希望価格に近い金額に上げたいところです。

しかし、ゆとりのある売却スケジュールを組んでいないと、いつまでに売らなけらばならないという焦りから、強気な交渉、もしくは時間をかけて交渉をすることができなくなってしまいます。

例えば、住替えのためのマンション売却の際、先に家を買ってしまったというケースです。

二重支払いを避けるためにどうしてもこの日までにマンションを売りたいなどという制限があると、希望価格より低い価格でも仕方なく売らなけらばならない、ということになってしまいます。

マンションの売却には、不動産会社に仲介依頼をしてから買い手を見つけ成約するまでに、1ヵ月から6ヵ月程度かかるといわれています。

ですので、少なくとも3ヵ月以上の時間的ゆとりをみて売却スケジュールを組むことを考えておいてください。希望の価格で買ってくれる買い手を見つけるためには、時間が必用です。

まとめ

マンションの売却を行う時、誰でも少しでも高く売りたいと思うものです。

売却の段取りは依頼した不動産会社が進めてくれるものですが、全て丸投げで待っているだけでは満足できる売却はできません。

  • 良い不動産会社を選ぶ
  • 相場を知る
  • 営業活動の進捗状況を確認する
  • 徹底的な清掃で買い手に対する印象をよくする
  • ゆとりのある売却スケジュールを組む

このようなことを心がけて、マンション売却に臨みましょう。

希望価格での売却へ近づけるために、ちょっとした努力を惜しまないことが大切です。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guide(リガイド)の公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の費用・税金・控除】

【任意売却の基礎知識】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】 

【不動産買取の費用・税金・控除】

関連記事