住宅売却

今回は、損をしない売却査定、3大ポイントについてお話しします。

家や戸建の売却を考えた時、まずは自分の家がいくらで売れるのか、知ることから始まります。

そのために、不動産会社に査定を依頼するのですが、査定額が実際の売却価格に大きな影響を及ぼすため、この査定は大変重要です。

家を少しでも高く売るために、まずは査定で成功しなければなりません。

複数の不動産会社に査定依頼をしよう

家の売却を考え始めたら、まず査定を依頼してこの家がいくらで売れそうなのか、知ることが必用です。

査定は不動産会社にお願するのですが、どこの不動産会社に依頼すればよいのかわからないという人もいるかと思います。

実際、不動産会社と言っても様々な種類があり、会社によって得意とする分野が異なるケースも多々あります。

例えば、分譲マンションや分譲住宅を得意とするディベロッパー系の会社、中古住宅の買取、再販をメインとする会社、不動産の媒介を得意とする会社などがあります。

家の売却を依頼するのには、媒介を得意とする会社が適しています。

売却を考え始めたら、広告やチラシ、インターネット等もチェックしながら早めに意識して見ておくと、各社の特徴もわかり、突然慌てることもなくすみます。

複数の不動産会社を絞り込んだら、早速査定依頼をしましょう。会社数は、3から5社くらいを目途に依頼すると、比較しやすいかと思います。

複数の提示価格を比較して、相場を知る

さて、なぜ複数の会社に依頼する必要があるのか?と思う人もいるかもしれませんが、その理由は、家の売却価格の相場を知るためです。

相場を知っておけば、いざ売却となった時に、その売り出し価格が適正価格かどうかわかりやすくなります。

そして、ココが大切なのですが、家を売り出す時の売り出し価格が、ある程度相場とマッチしていなければ、売れ残る可能性があるのです。

家の売り出し価格は、自由に決めることができます。誰もが少しでも高く売りたいと考えることは同じですが、めったやたらに高い売り出し価格をつけても、相場にあっていなければ買う人はいないのです。

長い間売れないでいると、何か問題がある物件なのでは?と考えられて、結局売れ残り物件になってしまう最悪ケースに陥る可能性もあります。

こういったことにならないよう、相場を知ることはとても大切なのです。

依頼した複数の不動産会社からの提示額がほぼ似通った金額であったら、それが市場価格の相場と考えてよいでしょう。

複数の不動産会社を比較し、信頼できる会社を見つける

逆に、複数の不動産会社の中、もしも一社だけ高額な査定額を提示してきても、飛びついてはいけません。

契約を取りたいがために、むやみに高い金額を提示している可能性もあるからです。

どの会社でも同じですが、査定額が提示されたら、「なぜその金額になるのか?」その根拠についてしっかりとした説明してもらいましょう。

その説明の仕方や内容で、本当に信頼できる不動産会社はどこか?を知ることもできます。

家の売却が成功するか否かは、依頼する不動産会社や担当者の力量にかかっていると言っても過言ではありません。

査定はその第一歩であり、その道のりは長いです。信頼して任せられる業者を選ぶことは、満足できる家の売却のための第一ステップかつ最重要課題でもあります。

そのためにも、複数の不動産会社に査定依頼をし、査定額はもとより、担当者の態度や知識、善し悪しを見極める材料としましょう。

実は、査定には机上査定と訪問査定があり、第一段階では机上査定が主となっています。

机上査定額とは、物件の立地条件や方角、間取り、築年数など市場データを基準として算定する査定方法です。

そのため、基本的にはどの会社も似通った査定額を提示してくるはずなのです。

よく、スピードオンライン査定!などという広告があり、なぜそんなに早く査定額がわかるのか?と疑問を持つ人もいるかと思いますが、これも市場に出回っているデータを元に算出しているからなのです。

簡単で早い机上査定は実際に一軒一軒の個別要因を見て、調べて、査定しているわけではないので、個別要因の追加により、その額が変わってくることも承知しておきましょう。

詳細な家の状態を伝えよう

さきほど、査定には机上査定と訪問査定があるとお伝えしました。

机上査定で数社を比較し、その中から依頼したい不動産会社を選んだら、次は訪問査定を依頼します。

訪問査定は、実際に担当者が家に訪問し、家の内外の状態、土地の評価、周辺環境など全てを逐一調べてより具体的な査定額を算定します。

この訪問査定での査定額こそが、実際の売り出し価格のもととなる、より現実的な査定額となります。

この段階では、不動産会社はその家についてできるだけ詳しい情報を知る必要があります。プラス要因はもちろん、マイナス要因についても知らなければ正確な査定ができません。

プラス要因であれば、これまでのリフォーム歴、修繕歴、その内容や費用などをまとめておくとよいでしょう。

また、マイナス要因も隠さず伝える準備をしておく必要があります。例えば、物件内の事故の問題、近隣とのトラブル、境界問題など、申告しなければ不動産会社の調査ではわからないようなことです。

こんなことを言うと査定額が下がってしまうのでは?こんなことは言わなくてもよいのでは?と考える人もいるようですがそれは間違いで、しっかり申告しておかないと、後々のトラブルの原因となってしまいます。

不動産会社が一番避けたいことは、後々のトラブルです。

いざ売りに出してからなんらかのマイナス要因が発覚すると、その後の契約トラブルを招く可能性もあります。

不動産会社におまかせする以上、お互いの信頼関係は非常に大切となりますので、信頼を失わないように誠実に対応すべきです。

見た目も査定額に反映する ~訪問査定に備えて、家をきれいに~

最後に、査定額アップのために自分でできるトリックをお伝えします。

それは、誰でもできる「家の中の清掃」です。

あなたが家を買うとしたら、どんな家に住みたいと思うでしょうか。もちろん、手入れが良く行き届いている家ですよね。

整理整頓されて清掃が行き届た家は、第一印象が良いものです。古いか新しいかということとは別に、きれいに整理整頓され、手入れの良さが感じられる場所には惹きつけられることでしょう。

逆に、新しい家であっても、部屋の中が不衛生で散らかっていては、購入意欲も半減してしまいます。

買い手がここに住みたいと思えるように、ちょっとした努力をしてみましょう。

例えば、

・家の中をできるだけ広く見せるように、物をできるだけ目のつかないところにしまう
・明るい印象を与えるようカーテンは開けておく
・水回りのにおい対策
・窓を開けて喚起をよくする
・玄関のいらない靴はしまって、広くきれいに見せる

など、掃除、整理整頓を基本にできることはたくさんあります。

もちろん、訪問査定にきてくれる担当者は実際の買い手ではありませんが、買い手の立場となって査定しているわけです。

ちなみに、ここにどんな人が住んでいたのか?ということは、意外にも買い手にとって大きなポイントを占めることがあります。

不動産会社も、後々になんらかのトラブルを避けるため、売り手の態度や人柄をさりげなくチェックしているようです。

清掃がよくできているかどうかは、ある意味そこに住む人の人柄も表しますので、こういった意味でも、売却を考え出した時点で、少なくとも訪問査定までには、片付け、清掃、クリーニングを徹底させることをおすすめします。

少しでも高く売るために、査定額を上げるための努力を惜しまないようにしましょう。

まとめ

家の売却を考えた時、まずは自分の家がいくらで売れるのか知る必要があります。

そのためには、不動産会社に査定を依頼しなければなりません。

必ずしも「査定額=売却額」とはならないものの、訪問査定で適正に査定されたの提示額は、限りなく売却額に近い現実的な金額となります。

この査定額を上げることにより、少しでも高く売りたいという希望を実現することができるでしょう。

・複数の不動産会社に査定依頼をする
・家の状態について詳細な情報を伝える
・家のクリーニングを惜しまない

この三大ポイントを忘れず、損をしない売却査定を成功させましょう。

「なるべく高く」不動産を売りたい方へ

不動産売却では、業者によって価格に100万円以上の差が出ることが普通です。

そのため、査定を1社だけに任せると100万円以上の損をする可能性が高くなります

しかし、複数社に査定を1社ずつ依頼するのは手間と時間がかかります。

そこで便利なのが、複数の不動産会社に物件の査定をまとめて依頼できる一括査定サービスです。

無料で使えて、しかも悪質な業者を排除している安全なサービスのみを厳選しました

もちろん査定に納得できない場合は売却する必要もありません。

不動産の一括査定サービス

  1. RE-Guide(リガイド) 

    不動産売却買取の一括査定

    かんたん査定 5.0
    提携業者数 5.0
    サポート 5.0

    RE-Guide(リガイド)は、地元の不動産屋から有名な大手不動産会社まで、独自審査を通過した600社以上の業者と提携する日本最大級の一括査定サービスです。

    また、問題のあった業者は定期的に排除しているので、安心して利用することができます

    訪問なしの机上査定を選ぶこともできるので、誰にも知られることなく査定することも可能です。

    売却相談だけの利用もOK!

    査定は住所などを入力するだけなので、1分程度で行うことができます。

    RE-Guideの公式サイトはこちら


【不動産売却のおすすめ記事一覧】 

【不動産売却の基礎知識】

【不動産売却のコツ】

【不動産売却の疑問】

【相続した不動産売却】

【不動産買取りのおすすめ記事一覧】

【不動産買取について】

関連記事